宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ミルクこぼしちゃだめよ!」 いちがつにがつさんの声

ミルクこぼしちゃだめよ! 文:スティーヴン・デイヴィーズ
絵:クリストファー・コー
訳:福本 友美子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年07月25日
ISBN:9784593505517
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,519
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く
  • 失敗してしまったけれど、大事なのは気持ち

    娘が、知り合いからプレゼントとしていただきました。

    見開きいっぱいに広がる、まぶしいほどのカラフルで賑やかな色使いの挿絵の絵本です。西アフリカのニジェールという国に住むペンダという女の子と、家族の愛情、それにニジェールの国や人々の生活の様子が描かれています。

    ペンダは、遠くの山にいるお父さんにミルクを届けようと、頭の上におわんをのせて、一滴もこぼさぬよう気をつけながら、砂丘を通り、楽しそうなお祭りにも目もくれず、川を渡って山を登り、長い道のりを頑張るのですが、とうとう届けたと思ったおわんにマンゴーが落っこちてミルクはこぼれてしまいました…。

    悲しむペンダにお父さんは、
    「ぜんぶ こぼれたわけじゃない。おわんのなかには、おまえのきもちが、ちゃんと はいっているんだよ。」と言い、ぎゅっと抱きしめてくれます。マンゴーをちゃんとお母さんの分まで切り分けて、ペンダに持たせるお父さん、素敵!男前!とても心の温まる内容です。

    小学校1、2年生の課題図書にもなっているみたいです。
    おすすめの絵本です!

    投稿日:2015/05/23

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ミルクこぼしちゃだめよ!」のみんなの声を見る

「ミルクこぼしちゃだめよ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット