なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

さいごにのこるの、だあれだ」 てんぐざるさんの声

さいごにのこるの、だあれだ 作:ユンクビョン
絵:イテス
訳:黛まどか
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年
ISBN:9784582831832
評価スコア 4
評価ランキング 22,668
みんなの声 総数 4
「さいごにのこるの、だあれだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 動物たちの後姿が超・キュートです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    シリーズの「秋」の話で、人間たちは収穫を終え、ひと段落してしまったようで、シリーズ最後の「冬」のこの絵本では森の動物たちが主役です。

    雪に覆われている(山間の)森の中、森に住む小動物たちは、
    山の上の方に住んでいるトナカイじいさんに昔話を聞かせてもらいに出発します。
    ところが、道中いろいろな出来事があって、最初に出発したメンバーはどんどんコースアウトしていきます。
    その理由がいかにも森の中で起こりそうなことで、動物たちの習性などにもあっていて、よく考えているな〜と、感心しました。

    雪景色なので、今までの絵本と比べると鉛筆書きのような白黒で表現されています。
    そして森の奥へ奥へ歩いていく動物たちの後姿がすごくキュートでした。イ・テスの画は本当に、その生き物をよく観察しているなぁを、思います。

    シリーズ「韓国の四季」の作品はどれも甲乙つけがたい良作ばかりですが、私はこの「冬」が一番気に入りました。
    うちにはハムスターがいるんですけど、リスの子が口の頬袋いっぱいに木の実を詰め込んだ姿に、子どもたちは興奮して喜んでいました。

    投稿日:2010/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さいごにのこるの、だあれだ」のみんなの声を見る

「さいごにのこるの、だあれだ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット