もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

おおたんさんの公開ページ

おおたんさんのプロフィール

ママ・50代・山梨県、男の子19歳 男の子15歳

おおたんさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 多感な少年、少女に!  投稿日:2012/09/20
走れ、セナ!
走れ、セナ! 作: 香坂直
出版社: 講談社
吉田セナ、5年生。陸上部。
走るのが大好きな女の子。
でも、陸上部が解散の危機に追い込まれ‥

大人への階段を上り始める多感な年齢を
みずみずしく描いています。

クラスメイト、先生との人間関係、家庭環境、親との衝突。
学校も家もイヤになり家出したくなる。
そんな心の揺れがリアルに感じられます。

うちの5年生の息子に重ね合わせて、共感できる部分が
たくさんありました。
”走り”を通して、人と人とのつながりの中、
成長していくセナ。

「みんな、がんばろう!」って応援したくなる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 運命は変えられる  投稿日:2012/05/20
穴 作: ルイス・サッカー
訳: 幸田敦子

出版社: 講談社
厚くて読みごたえのある本ですが、小5の息子は夢中で読んでました。

主人公スタンリーは、何をやってもツイてなく、運にも見放され
無実の罪で更生施設に送られます。
そこでは、ただただ穴を掘り続けるよう命令され‥

最初は気弱なスタンリーがだんだん体力をつけ、精神的にも強くなり
知恵を絞り、仲間を助けに行く。
過酷な状況であっても、あきらめないで自分を信じ行動することで
運命は変わっていくのだと思います。

ハラハラ、ドキドキのシーンもあり、読者を引き込みます。
爽やかな読後感もきもちいい!
長い夏休み、グリーンレイク・キャンプの砂漠の暑さを感じながら、
読んでみるのもいいのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しさが広がっていく‥  投稿日:2012/05/11
ふくろうのダルトリー
ふくろうのダルトリー 作: 乾 栄里子
絵: 西村 敏雄

出版社: ブロンズ新社
心がじんわり温かくなるお話です。
西村敏雄さんの絵も素朴で温かみがあって、
お話と合っていると思いました。

ダルトリーは、お月さまがやせていくのが心配で
リンゴを置いておきます。
そのダルトリーの優しさがたくさんの人を笑顔にし、幸せにします。

一人ひとりが優しい気持ちで相手に接すれば、優しさが広がっていく‥そんな素敵な世の中になるといいな、と思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 優しい心のふれあい  投稿日:2012/05/09
ロボットとあおいことり
ロボットとあおいことり 作・絵: デイヴィッド・ルーカス
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 偕成社
心臓が壊れて動かなくなったロボットは、ゴミ捨て場へ‥
そこで青い小鳥と出会います。

小鳥のあたたかさ、羽をふるわせる鼓動を感じたロボットは、
自分の心臓も動かすことができ、最後の力を振り絞って
南の島に青い小鳥を連れて行ってあげることができたのですね。

ラストシーンでロボットは動かなくなったけど
きっと心で小鳥たちのさえずりやおひさまの温かさを感じている
と思います。

ちょっと悲しいけど優しい気持ちになれる本です。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット