話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜

2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜(学研)

必要な道具は全て揃ってます!数量限定DX版♪読者キャンペーンも開催中!

  • 学べる
  • ギフト

バアバ

じいじ・ばあば・60代・愛知県

  • Line

バアバさんの声

17件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 身分相応  投稿日:2002/07/02
ネズミの嫁入り
作: (不明)
出版社: (不明)
お日様に娘をもらってもらおうとするねずみが結局ネズミのところへお嫁に行くお話です。しかしそのお断りの理由がなかなか孫達には面白いようです。じゃんけんの勝ち負けの理由のようにつながっていくのが面白いようです。
でもお日様のところにお嫁にいったらあつくてネズミは死んでしまうとかやっぱりネズミはネズミのところが一番というのは低学年でも解るようです
参考になりました。 0人

ふつうだと思う かにはやっぱりおかしい  投稿日:2002/07/02
さるとかに
さるとかに 作: 神沢 利子
絵: 赤羽 末吉

出版社: 銀河社
孫の感想は かにはだまされたけど自分も悪い。
かにが木に登れないのは解っているはずだ。そこまで考えずに柿を沢山食べられると欲張っておにぎりと交換したはずだ。一方的に猿が懲らしめられるのはおかしいと。
それも一理あるとおもいました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 五月人形  投稿日:2002/06/26
金太郎
作: (不明)
出版社: (不明)
神奈川県の足柄山の伝説としてしられていますね。熊と相撲をとるところは孫達はびっくりして聞いています。そして熊を家来にしてしまうのですから、孫達はうらやましいようです。
五月人形が並んだデパートでよくおはなししました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 雪の夜  投稿日:2002/06/26
かさ地蔵
作: (不明)
出版社: (不明)
きっとおばあさんも 地蔵様に傘をあげても怒らなかったからお地蔵様もお礼を持ってきたんだね。と言うのが低学年の孫の感想です。年少の孫達は、お地蔵様が良いものを運んできてくれるのが楽しいようです。僕にもご褒美貰えるかなあと近くのお地蔵様に話しかけております。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 笑い話  投稿日:2002/06/22
空豆と炭とわら
空豆と炭とわら 作: (不明)
出版社: (不明)
面白いですよ。炭は水が苦手で ワラは水が苦手。それを見て笑った空豆はおなかが裂けてしまう。ただそれだけですが生活の知恵として学べます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う とんち  投稿日:2002/06/21
くわんくわん
作: (不明)
出版社: (不明)
こんな賢い孫がいたら家中が笑いでいっぱいになるでしょう。
子供達にこんな誰も困らない知恵が沢山備わるといいですね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う どんぶらこ  投稿日:2002/06/21
はじめてめいさく ももたろう
はじめてめいさく ももたろう 絵: わらべ きみか
出版社: ひさかたチャイルド
孫達は、どんぶらこ どんぶらこ の言い回しが大好きです。
そして鬼ヶ島への冒険。わくわくしながらきいています。
話はそれますが 名古屋近郊の犬山市に桃太郎神社があるんですよ。岡山にもありますよね。尾張地方に伝わる桃太郎は 吉備団子一つを半分にして 犬や猿にあげるんですね。おすそわけの文化だそうです。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う すばらしいうさぎ  投稿日:2002/06/21
月へいったうさぎ 九月
月へいったうさぎ 九月 作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好

出版社: 佼成出版社
女の子は泣きますね。自分を神様に捧げようとうさぎがたき火に飛び込むところで。そして月を見ると優しいうさぎを探しています。でも人間もこれくらい優しくなれると良いですね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 天の鬼  投稿日:2002/06/21
せんりのくつ
せんりのくつ 作: (不明)
出版社: (不明)
外国にもこういうお話ありますよね。鬼のはいていた靴を脱がせて自分がはいて逃げていく。
本当の勇気や正直な心が天を味方につける。そんな思いのする本です。わくわくどきどき スリルもある昔話です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う おじいさんおばあさん  投稿日:2002/06/21
だんまりくらべ
だんまりくらべ 作・絵: 遊子
出版社: 鈴木出版
泥棒が入ってもおもちが食べたいばかりにだんまりを続けるおじいさん。これには孫達もびっくり。大事なものよりおもちの方が良いなんて。それなのに家財道具を守ったおばあさんがおもちを食べられずに あくまでもだんまり比べで勝ったおじいさんがおもちを食べる。なんだかおかしいおはなしです。
参考になりました。 0人

17件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット