INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

たくまめぼんさんの公開ページ

たくまめぼんさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府

たくまめぼんさんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 息子のお気に入り  投稿日:2014/10/30
ピヨピヨ スーパーマーケット
ピヨピヨ スーパーマーケット 作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
ピヨピヨちゃんたちがスーパーマーケットでママと一緒にお買い物をする姿がかわいくもあり面白くもありほのぼのする作品です。

お菓子を買って欲しくて泣いている子、スーパーの中を走り回っている子、普段自分が買い物をしている時に目にする光景が描かれていてクスっと笑ってしまいました。

ピヨピヨちゃんたちがスーパーのなかでかくれんぼをしているところが息子の一番のお気に入りで、色んなところに隠れたピヨピヨちゃんたちを見つけては笑い、見つけては笑いしていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思い出の一冊  投稿日:2014/10/30
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
少し長めのお話なんですが、当時2歳だった息子に読んであげた一冊です。

かわいい動物がたくさん出てくるのがすごく嬉しかったのかページをめくるたびに「あ、くまさんや」とか「きつねさんや」など動物の名前を言っていました。特にりすさんがいっぱい出てくるところが息子は大好きだったようでそのページをよく見ていました。

当時保育園で先生が読み聞かせをする前にお歌を歌ってくれていたようでその真似をしながら私に読んでくれた初めての絵本でした。
内容はそれこそめちゃくちゃで全然ストーリとは違う話をしてみたり、何ページか飛ばしたりしていたのですが、大きな絵本を抱えながら読み聞かせの真似をしている姿がすごくかわいく私にとって思い出の一冊になりました。

6歳になった今もその絵本はよく「読んで」と言って持ってきます。
2歳だった頃の記憶はきっとないと思うんですが、絵本が好きだということはどこかで覚えているのかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寝る前の定番絵本  投稿日:2014/10/30
こんやはどんなゆめをみる?
こんやはどんなゆめをみる? 作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: 学研
私の好きな工藤ノリコさんの絵本で私も息子も大好きな絵本です。

絵本を買った当初、毎日のように寝る前に読んであげていました。

ブタの兄弟が夢の相談をしながら今日みる夢を決めていくお話なんですが、すごくほのぼのしてほんわかする内容で、特に最後は思わず微笑んでしまいました。

本文は少ないのですが、イラストがすごくかわいくて細かい所まで丁寧に書かれているので、子供に「ワニさんどこだ?」とか「ドーナツどこだ?」とか探しながらお話を進めていってます。

いつか子供が大きくなって結婚し子供ができたらぜひ読み聞かせてあげたい一冊だなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 家族みんなで  投稿日:2014/10/23
ぼくのニセモノをつくるには
ぼくのニセモノをつくるには 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
本屋さんで見つけて即購入しました。

ページをめくるたびに息子と二人でクスクス笑い、できること、できないことのページでは二人で大爆笑!!
6歳の息子ができるようになったことや普段よくしていることと、主人公の「ぼく」ができることがまたよく似ていて、「これぼくもできるで!!」とか「こんなんできるんやぁ」とか興味を示したり感心したりなかなか次のページに進めませんでした。

仕事から帰ってきたパパに自慢するように本を見せびらかし二人で読んで爆笑していました。

子供に読み聞かせた後一人でじっくり読んで「なるほどね」って思う部分もたくさんありました。

絵本の本文だけでなく作者の直筆で書かれたちょっとした一言がクスっと笑わせてくれる大人も十分楽しめる絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 後引く面白さ  投稿日:2014/10/23
りんごかもしれない
りんごかもしれない 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
本屋で絵のかわいさに惹かれて読んでみると「何この絵本!?」ってかんじの新しい面白さでした。

家に帰って息子に読んであげたらその面白さに二人でゲラゲラ笑いました。特にりんごの50音変換が二人のお気に入りでしばらく口癖のように言っていました。
りんごって自分がりんごって思ってるだけで実は違うのかもしれないっていう発想がとってもユニークで、こんなに笑える絵本は初めてでした。
ちょっと見方を変えるだけでりんごがこんなにも面白いものに変わるんだなって驚きました。

この絵本を読んで以来、りんごを見るといろんな角度から眺めてしまうようになりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 懐かしさが  投稿日:2011/01/19
サンタおじさんのいねむり
サンタおじさんのいねむり 作: ルイーズ・ファチオ
絵: 柿本 幸造
訳: 前田三恵子

出版社: 偕成社
私が子供の時に母に読んでもらったお気に入りの一冊がこの本でした。その本を今度は私が息子に読んであげるようになるとは・・・

動物たちの優しさが伝わるほのぼのとした絵本です。

去年までサンタさんを怖がっていた息子もサンタさんは怖いものではないと分かったようです♪
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット