キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

曲軒さんの公開ページ

曲軒さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・

曲軒さんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 自然への畏れ  投稿日:2011/04/28
だんろのまえで
だんろのまえで 作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 教育画劇
自然はやさしいけれど恐ろしい。
恐ろしいけれどやさしい。
日本は自然災害の多い国。
自然の中に生きることが先人の知恵だった。
忘れていたけれど、
ひとは自然を恐れるのではなく畏れ、
そして決して驕ってはならない。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 天真  投稿日:2011/04/28
おこだでませんように
おこだでませんように 作: くすのき しげのり
絵: 石井 聖岳

出版社: 小学館
こどもは正直。
天真爛漫の天真。
小さなおつむりで一生懸命考える。
考えたこととしゃべったことは一緒。
おとなは邪心があるから疑ってかかる。
そのままおとなになれないのは、
なぜだろう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素直なこころ  投稿日:2011/02/15
イルカの子
イルカの子 作・絵: 姫野ちとせ
出版社: 主婦の友社
小さなこどもには難しいかも知れない。
でも「からだ」で感じるだろう。
こどもの「こころ」は「からだ」と一諸。
ほんともうそもなくて、ぜ〜んぶほんと。
いいことしか思いつかない。
大人も「素直なこころ」を取り戻す本。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う わかれ  投稿日:2011/02/11
だいじょうぶだよ、ゾウさん
だいじょうぶだよ、ゾウさん 作: ローレンス・ブルギニョン
絵: ヴァレリー・ダール
訳: 柳田邦男

出版社: 文溪堂
近しい人と「わかれ」ることは、
それが永遠のものであるならなおさら、
悲しいものだと思う。
自分の心に正直に向かい合う。
それでいいと思う。
現代は少しクールすぎる。
解決するのは時間かも知れないし、
友人かも知れないし、自分自身かも知れない。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 戦争のことを考える  投稿日:2011/02/01
いわたくんちのおばあちゃん
いわたくんちのおばあちゃん 作: 天野 夏美
絵: はまの ゆか

出版社: 主婦の友社
戦争を起こさないことは大切だけれど、
どうしても起きてしまうこともあるでしょう。
ひとりでも多くの人が、ほとんどの戦争には意味が無いことを、
他に解決方法は無かったのかということを、
考え伝えていくことが大切だと思います。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット