ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!

きゅりおそうとさんの公開ページ

きゅりおそうとさんのプロフィール

絵本紹介サイト

きゅりおそうとさんの声

33件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ぞうのたまご?!  掲載日:2002/7/26
ぞうのたまごのたまごやき
ぞうのたまごのたまごやき 作: 寺村 輝夫
絵: 長 新太

出版社: 福音館書店
王さまに「なにが、一ばんすきですか」ときいたら「たまご」と、こたえました。
「たまごやきが一ばんうまいよ。・・・」


王さまの家に、赤ちゃんが産まれました。
「お祝いをしよう。国中の人たちをお城に集めて、うんとごちそうをして・・・」
「ごちそうは、たまごやきに決まってるさ」

さぁ〜、大変です。 
国中の人たちが食べる卵焼き。どのくらいの数の卵が必要なのでしょう・・・

王さまに相談すると「ぞうのたまごがいいよ。」

探しに出かけたワン大臣。
探し疲れて眠ってしまい、夢をみました。
探す途中であった子供が ♪ぞうは 卵を産まないよ♪

そう、象は卵を産まないんでした・・・知ってました?!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めての絵本にどうぞ!!  掲載日:2002/7/26
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
きんぎょが、水槽から、飛び出しちゃった!(@−@)
いろんなページの中、 きんぎょは何処かなっ?!

お子さんと会話しながら、楽しく読める本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 地図(?!)が載ってます。  掲載日:2002/7/26
ぶたぶたくんのおかいもの
ぶたぶたくんのおかいもの 作・絵: 土方 久功
出版社: 福音館書店
「きみたち、こぶたの ぶたぶたくん しってる?」
から始まる絵本。
「ぶたぶたくん」っていうのは、あだ名で、本名はお母さんすら忘れてしまったって・・・?!
この「ぶたぶたくん」、いつもいつも「ぶたぶた ぶたぶた」って言うのが口癖。
その「ぶたぶたくん」がお母さんに頼まれて買い物に行くお話です。
最後のページに地図が書いてあるのがまた、楽しみ。
「お母さん、ぶたぶたくんは、こ〜〜行って、こ〜〜行ったんやなぁ!!」って指でたどってお話が終わる訳です。

寝る前に、この絵本、何度、読まされたことか・・・。
子供たちのお気に入りに絵本のひとつです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「いもほり、行きたい!!」  掲載日:2002/7/26
ねずみのいもほり
ねずみのいもほり 作: 山下 明生
絵: いわむら かずお

出版社: ひさかたチャイルド
ねずみの七つ子シリーズの1冊。
お父さんが、七つ子ちゃんのためにスコップを手作りしてくれました。
次の日、朝早〜〜くから、芋掘り大会に出発です。
頑張って、一番乗り!!
で、大会は、何等・・・?!

「いもほり、行きた〜〜〜い!!」と思ってしまいますよね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イヴの夜、布団の中で読んであげたい  掲載日:2002/7/26
クリスマスって なあに
クリスマスって なあに 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: 舟崎 靖子

出版社: 講談社
「ミッフィー」ちゃんでおなじみの「ブルーナ」先生の作品。

「クリスマス」の意味を子ども達にわかりやすく紹介した絵本です。
クリスマスイヴの夜、寝る前に、お布団の中で、読んであげたいと思うお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とてもわかりやすいです!  掲載日:2002/7/26
十二支のはじまり
十二支のはじまり 作: 岩崎 京子
絵: 二俣 英五郎

出版社: 教育画劇
息子のクラス(小1)で、毎週1〜2回、朝、父兄が読み聞かせをすると言うのがあり、私が当番の時に読もうと買った絵本。

どうやって十二支が決まったか、どうして猫がいないのか・・・
みなさん、知ってました?!

絵もとてもかわいくて、わかりやすく楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供だけが見える不思議な世界  掲載日:2002/7/26
かさもっておむかえ
かさもっておむかえ 作: 征矢 清
絵: 長 新太

出版社: 福音館書店
絵本大好きな私も、恥ずかしながら、この絵本は、知りませんでした。
 去年の「遊ぼう!絵本・えほんカーニバル2000」のイベントのたくさんのタレントの方が「私の大好きな絵本」を紹介されているコーナーで私の大好きな「曾我泰久」さんが紹介されていた絵本です。
早速、近くの本屋さんで、注文し、取り寄せてもらって、手に入れました。
 曽我さんもステキな文を紹介のところに書いていらっしゃいましたが私なりに紹介させていただきたいと思います。
 みなさんは、小さい頃、雨が降ってきたので、傘を持って、駅まで、お父さんを、迎えに行ったことはありませんか?初めて行った時は、とても不安でした。「本当に、お父さんに会えるかなぁ?」
そんな不安を助けてくれた「おれんじいろの とらねこ」
 
「子どもだけが見える不思議な世界」・・・体験してみませんか?!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おっちょこちょいのお医者様  掲載日:2002/7/26
ねずみのおいしゃさま
ねずみのおいしゃさま 作: 中川 正文
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
以前 保育所に勤めていた頃、冬になると、子どもが一番「読んで!!」と、リクエストが多かった絵本です。

少しおっちょこちょいの「ねずみのおいしゃさま」、私も大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 冬になると読みたくなる絵本。  掲載日:2002/7/26
てぶくろ
てぶくろ 作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
私がこの絵本を知ったのは、先輩の保母さんからでした。
初めは、「てぶくろをかいに」の絵本を略して言ってるとばかり思っていました。
全く違うお話と知り、ビックリして、早速、手に入れ、読んでみると、
とてもかわいいお話で、私の大好きな絵本の1冊になりました。

おじいさんが落としていったてぶくろが気に入って、その中にたくさんの動物が住むお話。
「ねずみ」「かえる」「うさぎ」など・・・
一匹ずつやってくるんですが、その掛け合いがとってもいいんです。リズムがあって・・・。

何度か、生活発表会で、この「てぶくろ」をしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 口は悪いけど、あったかいおばあちゃん  掲載日:2002/7/26
ばばばあちゃんのマフラー
ばばばあちゃんのマフラー 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
私の大好きな「ばばばあちゃんシリーズ」の最新作。(だと思う・・・ちょっと不安)

「ばばばあちゃん」は、口は悪いけど(^^;)ホントに心があったかくって、
優しくて、頼りになるおばあちゃん。
「ばばばあちゃん」のまわりには、いつもたくさんの友達が一杯です。
今回は、マフラーにまつわるお話。今回もばばばあちゃん、大活躍です!!

私も、こんなおばあちゃんになりたい・・・っていつも思ってしまうお話です。
参考になりました。 0人

33件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット