がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

はぐぶ〜さんの公開ページ

はぐぶ〜さんのプロフィール

ママ・30代・長野県、女10歳 女8歳 女3歳

はぐぶ〜さんの声

131件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 古道具の活躍  投稿日:2007/09/19
どうぐのおばけ
どうぐのおばけ 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
古いものが好きで、古いものを大事にしていたおばあさん。
ある日その古い道具達が外へでたので、慌てておばあさんはおいかけます。
そのあと、どっし〜〜んと空から降ってきたものは・・・!

私もおばあさんと同じで古いものが好きです。
誰かが大切に使った道具、明治や昭和の匂いのする今では珍しい道具など、本当に好きです。
3歳の娘は、一つ一つ、一体なんの道具なのか、なんでオバケなのかはわかっていないようでしたが、家をペシャンコにしたやつが降って来るシーンや、道具をおいかけ「まっとくれまっとくれ」というおばあさんに笑ったりしていました。

私は「道具やモノは、大事にしようね」と伝えたかったのですが、小さな子が、ただ読んで楽しいだけでも読む価値がありだと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シリーズで一番こわいかも  投稿日:2007/09/14
くずかごおばけ
くずかごおばけ 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
おばけシリーズを3歳の娘が借りてきました。
怖いものみたさなんだろう?と思って読んだら結構これが怖く。こわがりな娘はドキドキしていました。

2度は読まないかな?と思ったら繰り返し読んでいるので、何かひきつけられるものがあったのでしょうね。

なんでもポイポイすてちゃう子どもにならないように、と、願う気持ちが少しでも子どもに伝わればいいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいいのです  投稿日:2007/09/14
ももんちゃん あーん
ももんちゃん あーん 作: とよた かずひこ
出版社: 童心社
このももんちゃんの絵本の語り口は
「〜したんだって」というもの。

これが心地よかったです。絵本を読むというより、普段話しているときのようなテンポがえられたこと。

そしてももんちゃんがかわいかった♪
このかわいさをぜひ読んで味わって欲しいです。

この本を読んでからハンバーグ屋さんにいったとき、3歳の娘はお父さんに「ベロンして」とお皿を差し出していました。ちゃんとおぼえているんだな〜と思った瞬間でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あってみたい  投稿日:2007/09/14
かみなりのおやこ
かみなりのおやこ 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
こんなかみなりのこどもなら、ぜひ逢いたい。
だっておとうさんにくっついてでかけたけど、たいしたカミナリもならせないで、おっこちたあとは。ふんどしがいじめるよーって泣いて。

お母さんの声もお父さんの声も、落ち着いた感じで読んで、最後の最後に坊やのセリフがあるのですが、そこはおもいっきりかわいらしく「いーやー」と読むことにしています。
ふんどしの柄とトラの柄と一緒だと3歳児は気づいていないようですが、ぼうやのセリフを暗記して、かわいくいっています。

トラのうえにおちてきた、きょとんとした子鬼の横顔、キュートですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ござるでござる  投稿日:2007/09/14
ひゅるひゅる
ひゅるひゅる 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
カッパの子をつってしまったお侍さん。
ござるござるとテンポよく進みます。
かあさんカッパに優しく子どもを返してあげたら、お礼にともらった笛は魚が釣れる笛だった。

でも欲張りな男は無理矢理、子ガッパをさらい笛を頂こうとして、欲しくもないお化けがでる笛をもらってしまいます。

優しい人にはいいものを、業突く張りにはおばけを。
ただ正直に、いじわるしないでいようねと、伝わってくれると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オシャレです  投稿日:2007/09/14
ぴょんぴょんぴょん
ぴょんぴょんぴょん 作・絵: メラニー・ウォルシュ
出版社: 主婦の友社
イギリスの絵本作家さんの作品ということで、センスがいいなと思いました。
動物や虫の得意なことが、キレイな色使いと、しかけで描かれています。

カンガルーが一番好きです。顔が見えなくなるまでジャンプするから。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とりになりたい  投稿日:2007/06/24
ことりだいすき
ことりだいすき 作・絵: なかがわ ちひろ
出版社: 偕成社
とりになりたいくらい、とりが大好きなさとこのおはなし。

この絵本には、色とりどりのかわいい鳥や、だちょうやペンギンなどの飛べない鳥、さとこのなりたい想像の鳥などいろいろな鳥さんがでてきます。

細部まで本当にかわいくて、どの鳥がすきかな?などと2歳の娘と読みました。

鳥の言葉でおしゃべりできたら、すてきだろうな〜なんて、女の子にピッタリな絵本だと思います。
おうちで小鳥を飼ってる子にも、飼ってないけど小鳥が大好きな子にもオススメですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こどもにも理由がある  投稿日:2007/06/18
おでかけのまえに
おでかけのまえに 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
おでかけまえのこの風景。
うちもそうそう!なんておうち、結構あるんじゃないかな。
我が家も似たようなものです。

でも、これはいたずらじゃありませんよね?
すんごいことをやっちゃってくれますが、楽しいからこそ、嬉しいからこそお手伝いしたかった理由がりました。

どっかーん!と怒っちゃう前に、理由を考えられる本になるかな。その前に、かわいいな、と思える絵本ですけど。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆらっ。。。  投稿日:2007/06/18
つみき
つみき 文: 中川 ひろたか
絵: 平田 利之

出版社: 金の星社
この絵本は、たてに開いて長く(高く?)して読みます。
小さなつみきをひとつ、ふたつ・・とどんどんつみあげていく様子は小さい子でもワクワクして読めると思います。

2歳の娘は、ゆら・・ゆらゆら・・と、つみきがゆれるところで絵本もゆらして読んであげたらゲラゲラ大げさなほど笑ってくれました(笑

ちいさ子向けのかわいい絵本ですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい がんばったね  投稿日:2007/06/18
ヘビくんどうなったとおもう?
ヘビくんどうなったとおもう? 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
へびくん、木の上に上ろうとスルスルのぼります。

がっ!

何度やっても失敗です。
でもね、あきらめないへびくんはえらいですよ。
何度でも頑張っています。

すぐにあきらめちゃいけないこと。
がんばったらきっといいことがあるということ。
わかってくれたらいいな。
参考になりました。 0人

131件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット