しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ううちゃんさんの公開ページ

ううちゃんさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、女3歳

ううちゃんさんの声

48件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ちょっと怖いよ。  掲載日:2008/9/5
白雪姫と七人の小人たち
白雪姫と七人の小人たち 作: グリム
絵: ナンシー・エコーム・バーカート
訳: 八木田 宜子

出版社: 冨山房
私が知っていた白雪姫とはずいぶん違い。。。ちょっと、怖い白雪姫でした・・・でも三歳の子供はなぜかとっても大好きで、いろいろ質問したり真剣な表情で聞いてくれます。白雪姫を殺そうと3回も試そうとしたこと、鉄のくつを熱くしたものを最後はおきさきが踊り死ぬまではかされているなんて、大人になって今はじめて知りました。
最近の童話えほんはかわいく薄く作られてまんがちっくがおおいなか読むほうも真剣に読んで上げないといけない本でした。殺すやねたみそういう言葉がでてくるので安易に読むべきではないとおもいました。時間をかけなんどもなんどもよんであげて伝わってりるかどうかわかりませんが、意味を一生懸命教えるのに大変でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい こわいけどすき  掲載日:2008/7/14
三びきのやぎのがらがらどん
三びきのやぎのがらがらどん 作: (ノルウェーの昔話)
絵: マーシャ・ブラウン
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
三匹の兄弟?かな。やぎが丘の上の草葉でえさを食べに行くお話なんだけど、名前がどれもがらがらドンっといって、同じです。一番小さいやぎから順に歩いていくんだけれど、途中にこわいトロルといういきものがいるんです。絵が怖いから最初は嫌がっていたんだけど、何回も読むうちに絵はどうでもよくなって話に夢中になりました。1番ちびやぎの子から2番目3番目と橋を渡ってトロルと話したりしていく感じがなんかこどもにうけました。3歳の子供はトロルがやさしくみえたり、こわくみえたり、こ「なんで。なんで。」と質問ばかりでした。なんともいえない感じですが私も好きです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ここはアフリカの大草原  掲載日:2008/7/14
ゾウのソフィ
ゾウのソフィ 作: ビッキー・イーガン
絵: ダニエラ・デ・ルカ
訳・構成: 秋篠宮紀子

出版社: 新樹社
これは、私の母が、娘にといって買った絵本です。絵がとてもこまやかでやさしくて、セロハンや見開きがあって3歳に子供には興味しんしんでした。
話は物語り重視ではなくほんと、アフリカゾウの1日をかわいらしく書き綴ったかんじです、最初読んだときは何も感じませんでしたが2回3回と読むうちに、アフリカにすんでいる動物の名前まで覚えてしまうぐらいになっていました。もちろん3歳の娘も3ページぐらいは軽く暗記していまい毎日毎日読んでいます。細かい説明部分もあるので、だんだん大きくなるにつれてそこも呼んでいってあげようかと思います。何しかやさしいえ心があるイラストです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雨の日にはいい本  掲載日:2007/7/23
かさ
かさ 作: 松野 正子
絵: 原田 治

出版社: 福音館書店
いろいろなかさが出てきて、リズムのある文章なのでちょっと絵を見たら字の読めない子でも覚えて読めます。
つゆの時期この本を見せてあげたせいかどうかわかりませんが、自分でかささして歩いてくれるようになりました。
こどもは「かささしてあるこ〜」のフレーズが気に入ってます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シンプル  掲載日:2007/7/23
がっこう
がっこう 作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 冨山房
まだ学校にいっていない子供に学校ってどんなところかをさっと知る程度にはいいとおもいます。

わが子はなぜか「給食を食べて」ということこを一生懸命くちずさんでいました。
文章が短いので奥深くないしあっさりしているけど、覚えやすい文章ばかりなので繰り返し読んであげるのにちょうどいいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くまちゃん  掲載日:2007/7/22
いってきまあす!
いってきまあす! 文: わたなべ しげお
絵: おおとも やすお

出版社: 福音館書店
絵がかわいくて、ほのぼのとします。
ちいさな子供のちょっとした冒険みたいなかんじです。
文章も短いので、二歳の子供も何回か読んであげればおぼえてしまい、いまではひとりでよんでます、繰り返し読んであげるのにちょうどいいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しんけんに  掲載日:2007/2/3
コッコさんのともだち
コッコさんのともだち 作・絵: 片山 健
出版社: 福音館書店
こっこちゃんはいつもひとりぼっちなかなかおともだちができません、そんなこっこちゃんを真剣に娘は見て険しい顔をして聞いてくれます。こっこちゃんがお友達とあそぶようになるとなんだかチョッと嬉しそうな顔をして私に合図を送ってきます。2歳なのにわかるのかな??と私は思うのですが、なんだか感じるみたいです、すっかりこっこちゃん好きになってしまいました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 絵がかわいい!!  掲載日:2006/8/30
たべるのだいすき
たべるのだいすき 作・絵: 二木 ちかこ
出版社:
絵がとってもかわいい。食べるの大好きだから子供かと思ったら女の子でそしてとってもグルメ。大人がする行動のように思えました、何時間だって待つの平気なんて、人気ケーキ屋さんの前に並んでいる女の人を思い出させます。
もっともっと続きを読みたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やさしいパパだね  掲載日:2006/8/30
パパのて
パパのて 作・絵: くめむら たかこ
出版社:
お風呂の話かと思ったら海に出て行ってパパの手がいろいろ大活躍するなんてちょっと変な感じとおもって読みました、だけど船からパパの手がでてきて波を鎮めたりして、なんだか自分がパパの手に乗りたくなって甘えたくなりました。こどももぱぱとお風呂が大好きになりそうな絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱりかあさんだいすき  掲載日:2006/8/30
かにのおかあさん
かにのおかあさん 作・絵: ともべ あり
出版社:
かにの母さんならでわのお話って感じで、とっても温かみをかんじました、泡でお風呂なんてホント楽しそう、カニさんの生態もちょっと垣間見れたりするので子供に読んであげたくなりました。カニの母さんのエプロンがまた昭和チックで好きです。
参考になりました。 0人

48件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット