新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

Kero mom.さんの公開ページ

Kero mom.さんのプロフィール

ママ・30代・奈良県、男7歳 女5歳

自己紹介
二人の子どもがいる、普通の専業ママです。
趣味はいろいろ・・・イラストを描いたり、書道を習ったり。
          手話も少し勉強。ヨガ、太極拳も少々。
          
好きなもの
絵を描く事が好きです。(実は子どもの頃は読書嫌いでした)だから絵本は好き。
海で風に吹かれるのも好きです。いつかハワイにいきたいなあ。
リサイクルも好き。着なくなった服をリメイクしたり、フリーマーケットをしたりします。ちょっとしたお得感は関西人に欠かせません。
好きな食べ物はオレンジ類とトマト。
ひとこと
子育ては忙しくて大変??いえいえ、いろいろあるけれど、案外楽しいじゃん!そう思えるようになったのも、絵本のおかげかも。寝る前に、暗くしてスタンドの明かりだけで、子どもに必ず絵本を読みます。それが我が家の睡眠薬。やさしい気持ちで1日をしめくくりたいですね。

Kero mom.さんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う めっちゃくさいで〜 それでも食べてみる?  投稿日:2006/04/05
メチャクサ
メチャクサ 作・絵: ジョナサン・アレン
訳: 岩城 敏之

出版社: アスラン書房
めちゃくちゃくさいヘラジカを食べようと奮闘するオオカミ。意地になっていろんな方法を試すのですが、あまりの臭さに失神ばかり。無駄な挑戦はやめて盲導犬になってしまうなんて。
息子は「なんでやねん!!(〜o〜)」とつっこんでいました。

 子育ての講演会で、翻訳をされた岩城さん本人に読んでもらって、「おもろ〜い!!」と私が虜になってしまった1冊です。関西弁で読むとすごくノリがよくて、必ずお笑いが約束されます。おためしあれ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すいすいちゃぷちゃぷ を楽しそうによんで  投稿日:2006/04/05
きゅうりさんととまとさんとたまごさん
きゅうりさんととまとさんとたまごさん 作: 松谷 みよ子
絵: ひらやま えいぞう

出版社: 童心社
緑と赤と白の色合いが、ちいさな子どもにとても印象的な絵です。きゅりとトマトとたまごがすいすいちゃぷちゃぷ、川に流れていきます。読んでいて言葉のリズムが気持ちいいです。2歳の息子に毎晩「もう1回よんで!」とせがまれた本です。

絵本には出会うタイミングがあると思います。幼稚園児くらいになると(それだけ?)と思われてしまうかもしれない短いお話です。でも、いろいろな色や言葉や食べ物に出会う1,2歳の子どもには素敵な絵本です。よく赤ちゃんの誕生日プレゼントにする1冊です。私の子どもたちはこの絵本のお陰で、きゅうりとトマトとたまごが大好きです。今は赤ちゃんがうちに来ると、今度は子どもが読んであげています。
3歳までの記憶って大切かもしれません。7歳の息子にたまに読んでやると、懐かしがって喜びます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい へびくんかわいそう・・・  投稿日:2006/04/05
6つの色
6つの色 作・絵: とだ こうしろう
出版社: 戸田デザイン研究室
へびくんがいろんな色を食べると、おなかの中で色が合わさって新しい色がうまれます。黒を食べてしまったへびくんは病気に・・・

色のきれいな絵本を探していて、2歳間近の息子に本屋で読み聞かせをしてみたら、「へびくんかわいそう・・・」と泣きそうになって、最後まで読むと「よかったねえ、へびくん!」と笑顔になったので、素敵な絵本だなと思いました。毎晩ひと月くらい読みましたね。

私の好みと子どもの気に入るものが違うなあ・・・と思う事もあって、絵本選びって難しいな・・・ととまどっていた頃、よく本屋や図書館で1度読んでみて、「もう1回読んで!」と言われるものを選ぶようにしていました。

幼稚園の年少さんクラスでこの本を読み聞かせをしたら、女の子達が気に入ってくれたみたいで、その後今まで親しくしていなかった子ども達が、自分の描いた絵を見せに来てくれたり、折り紙をくれたりして、うれしかった思い出があります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなかばんがあったら素敵!!  投稿日:2006/04/04
かばんうりのガラゴ
かばんうりのガラゴ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
旅するかばんやさんのガラゴ。行き当たりばったりに出会うお客さんのリクエストに応えて、いろんなかばんを売ってくれます。すごーい!!こんなかばんがあるんだ。わくわくしながら一緒に旅する気分で読みます。この本をプレゼントされた甥っ子は、保育園に左右違う靴を履いて行き、しばらくガラゴになりきっていました。島田ゆかさんのシリーズは隅々まで絵も楽しんでください。他の絵本に出てくるキャラクターがどこかに登場します。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 毎日読んで覚えてしまいました  投稿日:2006/04/04
はらぺこあおむし
はらぺこあおむし 作: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
言葉をしゃべらない赤ちゃんでも、絵本をよんであげてほしいです。はらぺこあおむしは息子が1歳の時に出会いました。お気に入りで毎晩1ヶ月読みました。幼い子は絵をよむんですね。きれいな色合いが魅力的です。たまごがポン!とうまれて、あおむし君は曜日ごとに色々な食べ物を食べて大きくなります。毎日読むうちに私も子どももお話を覚えてしまいました。そのうち、ちょうちょになりましたあ!!の後、「それからちょうちょはどうしたの??」の質問。おっと・・・そうきたか。「ちょうちょは冒険に出かけました。それから、次の日、花畑で他のちょうちょに出会って仲良くなりました。そしてある日の晩・・・」と作り話をして絵本の始めのページに戻るんです。「ふーん」と楽しそうに何度も同じ話を聞いてた息子は今、5歳の妹に同じように絵本を読んであげています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あたたかみのある絵  投稿日:2006/03/29
みのりちゃんのすてきなおうち
みのりちゃんのすてきなおうち 作・絵: 佐藤 忠志/河口 将和/バンダイナムコゲームス
出版社: トランスビュー
みのりちゃんがテクテク トコトコあるいていくと・・・次は誰のおうちかな?と期待しながらページをめくり、絵の隅々まで楽しみました。リズムのよいことばと、あたたかみある絵の中に優しさを感じます。子どもに何度も「もう1回よんで!」と言われました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自然に知るきっかけに  投稿日:2006/03/29
あかちゃんはどこから?
あかちゃんはどこから? 作: ローズマリー・ストーンズ
絵: ニック・シャラット
訳: やまもとなおひで

出版社: ポプラ社
 いつかこんな話もする時がくるだろう・・・と見つけてきたその日に2歳の息子にみつかり、毎晩「これ読んで」とひと月連続でよみました。
 男の子って、女の子ってどんなの?どうやってあかちゃんはできるの?どこから生まれるの?答えに困る事ってありませんか?性教育の本だと変に構えずに、読めます。本当のことを隠さず、やさしい絵とことばで書いてあります。沢山の絵本と混じって置いてあったのに、これを選んで毎晩読んだ息子とは、今は何でも本当の話が出来るようになりました。
近所の小学生に見せたら、恥ずかしがって読みませんでした。素直に何でも感じることのできる6歳までに是非出会ってほしい1冊です。
参考になりました。 1人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット