話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

み〜ままさんの公開ページ

み〜ままさんのプロフィール

ママ・40代・神奈川県、女10歳

み〜ままさんの声

111件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う さすがママ!  投稿日:2004/12/17
くまさんアイス
くまさんアイス 作・絵: とりごえ まり
出版社: アリス館
ぶたのプリンちゃんがママに好きなおやつを買っておいでって頼まれて
おつかいに行き、くまさんアイスを選んだ帰り道、
おひさまのケーキやはりねずみパンやホットケーキのお誘いを受けますが、
くまさんアイスを楽しみに断って帰ります。
それなのに・・・アイスが溶けちゃってました。
泣いているプリンちゃんにだいじょうぶだいじょうぶ、って
なぐさめてまたくまさんアイスをつくってくれたママはさすがです。
おいしそうな様々なお菓子の誘惑、子どもなら普通負けそうだけどなぁ〜
絵もかわいらしく楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふかふかなベッド  投稿日:2004/12/17
そらまめくんのベッド
そらまめくんのベッド 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
そらまめくんは自慢のベッドをお友達に貸せません。
小さな子にはありがちなことなので、子どもには共感しやすい設定です。
最後はお友達と仲良くなれてよかった!でめでたしです。
娘はこの絵本がきっかけでおまめに色々な種類があることに
気がついたので、お買い物の時に「これがそらまめくんだよ」
と買ってベッドがふかふかなのを見せてあげるととっても
納得しておりました。いろんな楽しみ方ができてよかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わくわくする気持ち  投稿日:2004/12/16
うちへおいで
うちへおいで 作: もりやま みやこ
絵: ふくだ いわお

出版社: ポプラ社
もぐらくんとねずみくんが友達になってお互いのうちへ
行き来し、楽しく遊びましたという単純なお話です。
うちの園児は園バス通園していて、お友達のおうちへ
遊びに行くときは(もちろん私が連れて行くんですけど)
絵本のように山を越え池の横を通って・・・みたいに
(どんなおうちなのかなぁ。どんなおもちゃ持ってるのかな〜)
なんて、ちょっと遠くへわくわくしながら冒険しているような気持ちに
共感できるみたいです。娘は「ねずみくんのうちの方が楽しそう」
なんて言っておりました。
君が遊びに行くワケじゃないんですけど・・・(笑)
参考になりました。 0人

ふつうだと思う やさしい絵本ですね  投稿日:2004/12/16
そっといいことおしえてあげる
そっといいことおしえてあげる 作: おのりえん
絵: 垂石 眞子

出版社: 福音館書店
描かれている絵も言葉も優しく親子に語りかけているような
素敵な本です。大人の観点から見るといいなぁと思うのだけど
言い回しというか表現の仕方が子どもにはわかりにくいように思えます。
うちの本好きな娘にはあまりお気に召さなかったみたいで(^_^;)
私はいい本だと思うけど、評価は★3つでゴメンナサイ。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 捨てるってどうかしら?  投稿日:2004/12/03
ハリーのセーター
ハリーのセーター 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
おばあちゃんからプレゼントしてもらったセーターを
ハリーは気に入らなくて、捨てようとしますが、結局何度も
失敗して・・・鳥さんの巣として活用されてよかった!なのですが
私としてはせっかくもらったものを気に入らなくて捨てるなんて
発想を子どもに読んで聞かせることに若干の抵抗があります。
娘は「どうして捨てちゃうんだろう」と言っておりました。
「犬だからこっちの柄の方がいいよ、とかおしゃべりできないからかなぁ」
なんて言ってみましたが、娘はなんで〜?とずっと思っていた様子です。
鳥さんに喜んでもらえたうえに新しいお気に入りのセーターを
もらえて安心しました。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う クリスマスに  投稿日:2004/11/26
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらのおきゃくさま 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
ぐりとぐらが雪の上で何かを見つけます。
足跡だと気づいてたどっていくと・・・なんと自分たちのうちに訪問者がきたことがわかります。
赤い上着に赤いズボンに赤い帽子・・・そうサンタさんだったんです。なぜか勝手にキッチンを使ってケーキをやいてくれていました。
最後までサンタさんとは言わないし、中身を見るまでサンタさんが訪問者だとはわかりません。
ちょうどタイミングよく娘が幼稚園から借りてきてそっかークリスマスだから借りてきたのかな、と妙に遅い納得をしたトロイ母は私なのでした。
最後はぐりぐらは動物の友達と和気あいあい楽しそうでよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんのため?  投稿日:2004/11/26
おじさんのかさ
おじさんのかさ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社
お気に入りの傘がぬれるのを嫌がって傘を開かない
おじさん。娘は「どうしておじさん、傘をささないの?」
と納得しない様子でしたが・・・
傘が傘らしく活躍したので安心したみたいです。
最後奥さんのヒトコトが愉快です。
楽しいお話だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 101ちゃんダメじゃん  投稿日:2004/11/20
おたまじゃくしの101ちゃん
おたまじゃくしの101ちゃん 作・絵: かこ さとし
出版社: 偕成社
101ちゃんの勝手な行動が原因で、カエルのお母さんは
窮地に陥ります。お母さんのピンチなところでは、
「もう〜ダメじゃん(怒)」と娘は怒っていました。
団体行動を乱すといけないよ、という教育本なのでしょうか。
お話の展開が引きつけられますね。楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たのしいパンがいっぱい  投稿日:2004/11/20
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
4羽のベビーちゃんのお世話で傾きかかったパン屋さんが、
子どものアイディアを取り入れて大成功という
ハッピーエンド物語です。
ストーリーの展開より、たのしいパンがずらりと並んだページの方が
子どもにとってはおもしろいと感じる様子でした。
一緒にひとつひとつ見てあげたいけれどあまりのパンの種類の多さに
いや〜もう無理って感じです。たのしいパンがいっぱいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かくれんぼうをさがせ!  投稿日:2004/11/19
もりのかくれんぼう
もりのかくれんぼう 作: 末吉 暁子
絵: 林 明子

出版社: 偕成社
かくれんぼうの大好きなけいこちゃんが不思議の森に
迷い込み、かくれんぼうくんや森の動物たちと大好きな
かくれんぼうで遊びます。かくれんぼうくんは隠れるのが
上手で、いつのまにかけいこになりきって、親子で
かくれんぼうくんを探してしまいました。
読み終わって、娘は「なぁんだ夢か」みたいなことを言うし
錯覚かな、みたいな感じで終わっちゃったのが
ちょっと残念な気もするんですけど(笑)
ずっとかくれんぼうしていたいようないい絵本だと思います。
参考になりました。 0人

111件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット