宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

たんたんたたんさんの公開ページ

たんたんたたんさんのプロフィール

ママ・40代・岩手県、男の子9歳

たんたんたたんさんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 素直なうさぎさん  投稿日:2013/01/23
なんだろう?
なんだろう? 作: 柴野 民三
絵: いもと ようこ

出版社: ひかりのくに
うさぎさんが散歩をしていると、みた事もない物が落ちていました。
それは、長靴・・・

うさぎさんは、その使い方を教わり、間違っている事にも気が付かず素直に聞き入れ、すぐに試してみます。
始めは喜んでいても、別な動物たちに次々に違う使い方を教えられ、最後には正しい使い方を教わっても、うまく使えず、捨ててしまう・・・

素直すぎて、可愛いです。

息子は、間違った使い方をしているのを見るたびに
「ちがうでしょ〜。はくんでしょ〜!」
と言っています。

読むたびに、楽しんでます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像力豊か!  投稿日:2013/01/18
たこやきようちえん こうさくだいすき!
たこやきようちえん こうさくだいすき! 作: さいとう しのぶ
出版社: ポプラ社
たこやき達が、色々な材料を持ち寄り、その材料を見ながら息子が
「これ、な〜に?」と言いながら、何が出来るんだろう!?とワクワクしながら読んでます。

大人になると、なかなか浮かばない発想の物が出来、更には足りない材料を探しに行くなんて、子供らしくていいですね。

そして、裏山で自然の材料を見つけ、へびに襲われそうな鳥達を助け・・・
チョットしたドラマも有り、最終的には工作が完成!

皆が、ハッピー!!

たこやきようちえんシリーズ、純粋に楽しい絵本で、息子も大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 園長先生らしい!  投稿日:2013/01/15
おにはうち!
おにはうち! 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
鬼の子『におくん』

帽子を被り、つのを隠し、皆と野球をしていると、バットが飛び園長先生の方へ!
それを助けるにおくん。
抱きしめてお礼を言い、におくんの正体に気が付く園長先生。

豆まきが始まり「いい、おにはーうちー!」と、皆には、におくんの正体を言わずに豆をまく園長先生。
「ほんとうは おにも、わたしたちと なかよくしたいのかもしれません。」
という言葉。

鬼に限らず、人は見かけや噂だけで判断してはいけない!
そんなメッセージを伝えている気がします。

子供に、そんな気持ちを学んで欲しいと思える、良い話しです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ピヨピヨ  投稿日:2012/12/28
ピヨピヨ ハッピーバースデー
ピヨピヨ ハッピーバースデー 作: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
ケーキ屋さんで、色々なケーキやお菓子を見て、ピヨピヨきょうだいが
「どれにしょうか、まよっちゃう・・・」
本当にその通りです。

ケーキ屋さんやおもちゃ屋さんで、息子も一緒に「これと、これと・・・」
と、毎回迷いながら選ぶのを楽しんでいます。

本当に何度見ても飽きないほど、絵が細かくて楽しいです。

そして何より、家族揃って楽しい誕生日パーティー!
あたたかくていいですね。

おかあさん特製、どんぶりプリン!
私も食べたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度読んでも飽きない  投稿日:2012/12/26
みーつけた!
みーつけた! 作: 上野 与志
絵: 間瀬 なおかた

出版社: ひさかたチャイルド
森の動物とかくれんぼ。

「もういいかーい!」「まあだだよー!」
息子は、このフレーズが大好きです。
絵本を読みながら、毎回一緒に動物達を探しています。
一番盛り上がるのは、くまさんを探す時・・・
「どこ?どこ?ここにいるんじゃない?あれ〜?ねてたね〜!」
分かっているのに、いつも興奮しています。

この本を読んだ後は、せまい部屋の中でかくれんぼが始まります。
「もういいかーい?」と、息子がいつもおに。
私がバレバレの場所に隠れても「どこ?どこ?」と探して、とても喜んでいます。

この絵本のおかげで、かくれんぼの楽しさを覚えたみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当にもらえたら嬉しい『おとどけもの』  投稿日:2012/12/25
おとどけものでーす!
おとどけものでーす! 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
乗り物大好きな息子と、色々な風景を楽しみながら読んでます。

春を迎えた海辺の街から、山道やトンネルを抜け、まだ雪に埋れている村への『おとどけもの』
家の中から外を見て、春を待つ子供達へのとても嬉しい『おとどけもの』
箱を開けた時の子供の笑顔。
見ているだけで、とても幸せになります。

息子も、その箱を開けるたびに「うわ〜、きれ〜!」と笑顔になります。

こんな『おとどけもの』が本当にあったら、嬉しいですね〜!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 理想のサンタクロース、感動です!  投稿日:2012/12/08
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ 詩: クレメント・クラーク・ムーア
絵: アンジェラ・バレット
訳: 石井 睦美

出版社: BL出版
子供に『サンタクロースはこんな人なんだよ。』と教えたくて、色々探しました。
サンタクロースにスポットを当てた絵本は沢山有りますが、キャラクター物や、コミカルなサンタクロースなど、私のイメージに合わない物が多く、迷っていました。

この絵本は、皆が寝静まってから、静かな雪景色の中、トナカイのソリに乗ったサンタクロースが、煙突から家の中に入り、靴下にプレゼントを入れて行く・・・
理想通り、本来有るべき姿のサンタクロース、こんな絵本を探してました。

2歳の息子には、文章がちょっと難しく、絵も繊細過ぎるかな?とも思いましたが、何より私が気に入り『今年はあまり食い付かなくてもいいかな〜!』位の気持で購入しました。

絵本棚に置いていたら、以外にも息子も気に入ったみたいで、何度も「これよんで!」と持ってきます。
1人で、絵本を開きながら、絵をじっと見つめながら「サンタさんが、トナカイのソリにのってる〜」などと言っていて、微笑ましいです。

大人でも見入ってしまうほど、綺麗な絵で、とても素敵な絵本に出会いました。
参考になりました。 1人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット