宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はるーりーさんの公開ページ

はるーりーさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子14歳 男の子10歳

はるーりーさんの声

42件中 41 〜 42件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ほっとけーきが焼ける音が大好き!  投稿日:2007/05/01
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
私自身が昔から大好きな絵本だったので、娘にも
と思って購入しました。
なんと言ってもこの本は、ほっとけーきが焼けていく
ページがなんともおいしそうで大のお気に入りです。
そのページにある擬音語をひとつずつ声色を変えて
読むととっても面白いらしく楽しんで見ています。

また、最後にはおかたづけをするページがあるので、
いつか一緒にホットケーキを作るときに「おかたずけ」に
ついても教えられるのでいいなと思っています。
絵もかわいいし、一家に一冊!!という感じです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ペコリができるようになりました。  投稿日:2007/05/01
ごあいさつあそび
ごあいさつあそび 作: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
動物たちが順番に「こんにちは」とおじぎしていく
仕掛け絵本です。
ひとつずつ声色を変えて読んであげるととても
面白がって見てくれました。
1歳を超えたころからは、動物たちのおじぎにあわせて
自分もペコリとおじぎしていました。

生活の基本挨拶である「こんにちは」を楽しく教えるには
最適だと思います。
参考になりました。 0人

42件中 41 〜 42件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット