ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

セブさんの公開ページ

セブさんのプロフィール

ママ・30代・群馬県、男3歳 女2歳

セブさんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい レッスンバッグ  投稿日:2008/03/08 18:15:00
エドエンバリー RTフェルト A トラック ベージュ
税込価格: \2,200
ママさん英会話の時に使っています。
縦長なのでもたつかず、A4サイズのテキストもスマートにもてます。
しっかりしたベージュのフェルトにカラフルな汽車の刺繍がかわいらしくて、息子にとってもお気に入り。
外側から入れられるポケットには電子辞書がぴったり収まって、電車の中など気になったときにさっと取り出せて便利です。

なかなかよいと思う 迫力!!!  投稿日:2008/02/28 9:26:00
長くつ下のピッピ ぬいぐるみ ピッピ
税込価格: \1,320
リアルな表情に夫はビックリしていましたが、
ピッピといえばやはりこのお顔でしょう!
元気いっぱい、世界一力持ちでお金持ちで自由なピッピは、子供たちにも大ウケです。
娘のお昼寝布団セットにくっついて、一緒に通園しています。

自信を持っておすすめしたい ちょうどいい大きさ  投稿日:2008/02/27 9:59:00
ラチとらいおん らいおん ぬいぐるみS
税込価格: \1,430
少し伸びる素材のふわふわやわらかい抱き心地と長い尻尾で、ラチのライオンそのもの。
お尻にはビーズが入っているので安定感よく座っています。
息子にとって、元気な笑顔で本棚のから見守ってくれる頼もしいライオンさんです。

自信を持っておすすめしたい やさしい  投稿日:2008/02/27
おうちにかえろう ちいくまくん
おうちにかえろう ちいくまくん 作: マーチン・ワッデル
絵: バーバラ・ファース
訳: 角野 栄子

出版社: 評論社
おおくまくんとちいくまくんの関係ははっきり書かれていませんんが
一緒に暮らしています。
おおくまくんはどんなときも決して大人ぶったりめんどくさがったりせずにきちんとちいくまくんに付き合います。
ちいくまくんはおおくまくんが見守る中でのびのびと、時にはやんちゃに過ごし、たくさんの事を学びます。
絵が素朴でやさしくて、厳しい自然の中でありながら穏やかに生活している二人の姿は美しいです。
お互いに尊重しあい全幅の信頼を得た素敵な関係。
大人(年長者)はこうありたいと思わされる一冊です。
上の子にとってはちいくまくんのやることがかわいくて仕方ないらしく、時々まねをしています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい教育  投稿日:2008/02/26
アベコベさん
アベコベさん 作: フランセスカサイモン
絵: ケレンラドロー
訳: 青山 南

出版社: 文化出版局
あべこべさん一家にとっていちいちあべこべなお隣さん。
でも、それを子供たちが「変わってる」などと言うたびに、
「世の中にはいろんな人がいるんだよ」とたしなめる両親。
自分たちがやることはしっかり通すけれども
他人をそのまま受け入れることもできる
もちろん困っていたら全面的に協力する
実はなかなかできそうでできない教育を見事にやってのけている一家なのでは?
作者が意図してのことかどうかはわかりませんが
徹底的にあべこべな面白さでそんな難しい課題をさらりとこなしているこの絵本。
すばらしいと思います。
もちろん子供たちにも大人気で、毎回新しいあべこべな部分を探し出しては楽しんでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 変わらない良さ  投稿日:2008/02/26
アンナちゃん、なにがみえた?
アンナちゃん、なにがみえた? 作: インゲル・サンドベリ
絵: ラッセ・サンドベリ

出版社: ポプラ社
私にとってちびっこアンナちゃんは
うさこちゃんやマドレーヌシリーズ同様に小さいときからの付き合い。
日本語版はしばらく売られていなかったようなのですが
この本を見つけたときは旧友と再会した気分でした。

瞳孔の開き気味な独特の顔と奇想天外なお話も魅力的なポイント。
うちの子供たちにもすんなり馴染み、一緒に楽しんでいます。
欲を言えばスウェーデン版のように
子供の手にしっかりもてる小さいサイズと、
カラフルだけれど温かい背景の色やコラージュが再現されるといいなあと思います。
もっとたくさんの種類が出ることを望みます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 体験絵本  投稿日:2008/02/26
雨、あめ
雨、あめ 作: ピーター・スピア
出版社: 評論社
雨が降り始めてから翌日晴れるまでを
水彩画のみで細かに表現した絵本です。

雨の中で起こるさまざまな現象を観察したり
大雨の中を濶歩して楽しんだり・・・
絵本の中のお母さんのように
さあ、行って遊んでおいでなどと
私にはとても言えませんが
雨を存分に楽しむ追体験は充分できると思います。
これぞ絵本の醍醐味といえるのではないでしょうか。
一切の言葉がない分
子供のなんでどうして攻撃にゆっくり付き合うことができる
静かなよい絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 赤ちゃんがいっぱい  投稿日:2008/02/26
あかちゃん
あかちゃん 作・絵: ジュリー・クラーク
訳: もきかずこ

出版社: フレーベル館
赤ちゃんが自分で持つのにちょうどよい大きさです。
娘は特に赤ちゃんの写真がでているページに興味があり何度も何度も眺めていました。

「あかちゃんはよごしてたべる」
私にとってはこのフレーズが、一番印象に残っています。
年子の上の子がちょうど掴み食べが盛んで、食事のたびにイライラしてしまっていたので、そういえばそうだったんだと反省しました。
気がつくと、子供の成長よりも
親が期待する子供像の成長の方が速く進んでしまうんですよね。
赤ちゃん絵本ながら
だいじなことを思い出させてくれた絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢の絵本  投稿日:2008/02/26
しゅっぱつしんこう!
しゅっぱつしんこう! 作: 三田村信行
絵: 柿本 幸造

出版社: 小峰書店
乗り物が大好きな3歳の息子にとっては、まさに夢がかなった素敵なお話。
寝る前に読んで聞かせると、「今日こそは電車がくるかな?」と楽しみにしながら布団に入ります。
実際にあるお気に入りの車両とそっくりな赤い電車というところも興味を引くみたいです。
一緒に電車に乗るときは必ず一番前に行って、窓から見える運転手さんの手元を確認しては、絵本と一緒だねと喜びながらブレーキ操作のまねをしています。
少し長いので最初は難しいかなと思ったのですが、この本をきっかけに長い話も静かに聞いていられるようになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんながまっている  投稿日:2008/02/26
あかちゃんのゆりかご
あかちゃんのゆりかご 作・絵: レベッカ・ボンド
訳: さくま ゆみこ

出版社: 偕成社
出産前に頂いた絵本なのですが、
不安ばかりが先行していた私にとっては、赤ちゃんを迎えることはこれくらい陽気に楽しみにしていてもいいんだと気持ちを切り替えられた絵本でした。
こんなに幸せに満ちた笑顔の絵本はない!と思います。
かなり細かく描かれていますが、全部が丸い輪郭だからかちっともうるさくなく、むしろ赤ちゃんへの期待がぎゅっと詰め込まれているように感じます。
何よりも各々がとる赤ちゃんを思っての行動、それを微笑みながら静かに見守るお母さんの幸せぶりが素敵です。
子供も含めて、これから赤ちゃんを迎える家族全員にお勧めだと思います。
参考になりました。 4人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット