そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

ミロさんの公開ページ

ミロさんのプロフィール

その他の方・40代・愛知県

ミロさんの声

15件中 11 〜 15件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う カルマ  掲載日:2002/12/15
よあけ
よあけ 作・絵: ユリ・シュルヴィッツ
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
光もなく、
静寂がたたずんでいる。
生きているものが音を発する。

人は時の動きを時計でしか把握できなくなった。
「よあけ」必ずやってくる。
その時を。
そのことを伝えたい。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う   掲載日:2002/12/15
よるくま
よるくま 作・絵: 酒井 駒子
出版社: 偕成社
「おかあさん、どこにいるの」
子どもが怖い夢を見て夜中に起きてしまったとき、「よるくま」の話をしてほしい。
お子さんが冒険したように。

強い子だから、「よるくま」のおかあさんを探してあげたんだね。
公園やよるくまの家まで行ってあげて優しいね。

やさしいおかあさんとあったかいお布団で。
あっ、ながれぼし
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大きな夢  掲載日:2002/12/12
海のやくそく
海のやくそく 作: 山下 明生
絵: しまだ・しほ

出版社: 佼成出版社
クジラと風に乗って、旅をする小さなクモのお話です。
クジラとクモのことが実にていねいに描かれ文章もきれいです。
絵も一見雑に見えますがあたたかい絵です。
そのことがこの絵本を説得力のあるものにしています。
「やくそく」とは何でしょうか。
夢を大きくもちあきらめないで叶うように生きていく。
大きな夢を持って危険な旅するクモの声が聞こえます。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う ゆ〜きやこんこん♪  掲載日:2002/12/9
ゆき
ゆき 作・絵: ユリ・シュルヴィッツ
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
雪が降ってきました。
あなたは何を思いますか。
靴が汚れる。ドレスがぬれる。
電車が遅れる。車が汚れる。道路の雪かきなど。
あまりいいイメージではありませんよね。
それはいつからでしょうか。
思い出してください。
新雪に長靴で足跡をつけませんでしたか。
早起きして雪だるまを作ったことありませんか。
担任が授業をやめて校庭で雪合戦すると言った時、
歓声をあげませんでしたか。

子どもには雪の言葉が聞こえます。
子どものとき見えていたものを思い起こさせてくれます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 黄色と青の不思議な世界  掲載日:2002/12/8
キャベツくん
キャベツくん 作・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
おなかすいたブタのブタヤマさん。
広い広い黄色い平野でキャベツくんと会ったよ。
掴まえて食べるよ。
いいけど僕を食べるとこんな風になっちゃうよ。
キャベツくんの言葉に、ブタヤマさんは広い広い空にいろんな動物を想像したよ。
でも、最後にキャベツくんはブタヤマさんが本当に空腹で目がまわって倒れそうだと気づいたよ。
そしてキャベツくんは優しくしてあげた。
相対する二人が心が触れ合う。

黄色い世界はブタヤマさんの見えている世界。
おなかペコペコ。
そんな感じでお子さんに読んであげてください。
参考になりました。 0人

15件中 11 〜 15件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット