おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

いぬてんさんの公開ページ

いぬてんさんのプロフィール

パパ・30代・長野県

いぬてんさんの声

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 寝る前のお約束になった絵本  投稿日:2015/02/02
おつきさまこんばんは
おつきさまこんばんは 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
「寝かしつける前に、毎回同じ絵本を読むのはどうだろう?」
夜なかなか寝てくれない我が子のために、毎晩の習慣付けをするために
読み始めたのがこの絵本でした。
こんばんは、おつきさまから始まり、最後にはおつきさまが笑って終わります。
優しいおつきさまの絵が、読む側もほのぼのとした気分にさせてくれます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハマりました笑  投稿日:2015/02/02
ころころころ
ころころころ 作・絵: 元永 定正
出版社: 福音館書店
読みやすい! … ころころという言葉しかないのですが、
絵の雰囲気がところどころ変わっていくので、
言葉のイントネーションやアクセントを変えて読んであげています。

お母さんよりも、お父さんにとっては、これは有難い絵本です。
表現を単純に工夫すれば、お父さんにも、読んで!とお願いしてきてくれると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オススメ!  投稿日:2015/02/02
ねないこ だれだ
ねないこ だれだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
膝に乗って、じーっと絵本を見るようになりました。
これまでは、あっちへフラフラ、こっちへフラフラの我が子でしたが、
この絵本は、割と最初から最後まで、しっかりと落ち着いて見てくれます。
絵も独特の雰囲気で、引き込まれるんだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい この本があって良かった!!  投稿日:2015/02/02
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
代表的なくだものが、とても丁寧なタッチで、リアルに書いてあります。
うちの子供も、くだものの絵にさわって、口にパクパクと食べるようになったのも、この絵本のおかげでした。
他の絵本のくだものでは、あまり大きな反応はしませんが、この絵本のくだものにはしっかりと反応してくれます。それだけ良い絵本なのでしょうと、実感しています
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ママとパパがくっついたの真似をすると喜びます  投稿日:2015/02/02
くっついた
くっついた 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
くっついた!と、モノとモノをくっつけることを覚えたのがこの本でした。
この絵本の真似をして、家にあるものをくっつけたりすると喜んでくれます。

最後の、お母さんとお父さんがくっついたところで、ママと一緒にくっついたりすると、
それだけで爆笑してくれるので、幸せになる絵本です。笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 車好きな子には最高の絵本です  投稿日:2015/02/02
ぶーぶーぶー
ぶーぶーぶー 作: こかぜさち
絵: わきさか かつじ

出版社: 福音館書店
表紙には、子供が好きなインパクトのある赤色の車。
開くと、赤色と青色の車。めくっていくと車の数が増えていきます。
赤、青、緑、黄色と、子供が好きな色が続き、それだけで、本をめくるドキドキがあるようです。
その後、大きなトラックが現れます。
車が、車に乗って移動していくのも、この本の特徴。子供がケタケタ笑います。

更に素晴らしいのは、赤と青、青と黄色など、色の車が並んでいるので、
「赤はどっち?」「青はどっち?」と、色の勉強にもしやすい絵本です。

また、赤はブーブー、青はプープーなど、色によって効果音が違うので、
その点も子どもにとっては不思議で、おもしろいようです。

車が好きな子にはたまりません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 車が好きだからこの絵本が好き?いいえ、逆です!  投稿日:2015/02/02
はたらくのりものえほん
はたらくのりものえほん 作・絵: いしかわ こうじ
出版社: 童心社
いしかわこうじさんの絵本は、色合いがハッキリしていますよね。
薄く淡い色よりも、うちの子にとっては、ハッキリとした原色が見やすいようです。

救急車、消防車、パトロールカーなど、男の子が好きな車が目白押し。
効果音もつけて読むと、その音を真似しようとしてくれます。

大きさも手ごろで持ち運びにも便利。
材質もしっかりしてるので、小さい0歳の子でも破いたりせず、大丈夫でした。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 読んで!とせがまれる嬉しさ  投稿日:2015/01/29
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
どこ? と聞けば、そこを指差すようになったきっかけがこの本でした。

きんぎょさんをキョロキョロと探しながら、最初は見つけるのに時間がかかっていたのですが、
次第に探すのが早くなり、最近ではきんぎょさんの場所を覚えております。

絵本の読み聞かせはお母さんのが上手でしたが、この本は、読んで!とパパにせがんで来るので、買ってよかったなと思う本です。笑
参考になりました。 0人

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット