話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

カバシマン

その他の方・50代・東京都

  • Line

カバシマンさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 自分を見失ったら旅に出ろ  投稿日:2016/04/24
ぼくは いったい なんやねん
ぼくは いったい なんやねん 作: 岡田 よしたか
出版社: 佼成出版社
 岡田さんの作品は面白いのですが、子供に向かって書いているのか、実は大人にこそ読んでもらいたいと思っているのか、どちらかなと思うことが多いですね。
 この作品も自分が何者なのか、果たしてだれかに必要とされているのか、どこに居場所があるのか、そんな人生の迷い道にはまり込んだ大人に向かって書かれているのではないでしょうか?子供はそんなこと考えませんからね。
 人生に迷ったら旅に出ろ!!誰も自分のことを知らない場所だからこそ、自分が浮き彫りになって、自分が見えてくることがあるのかもしれません。人間、生まれてきたからにはその理由があって、その理由が他人が教えてくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 天地想像!!  投稿日:2016/04/08
あるひ こねこね
あるひ こねこね 作: 高畠 那生
出版社: 好学社
天地創造ではなくて、天地想像だよね、これ。おもしろいですよ。タイトルに「こねこね」。こいういう擬音は子供たちは大好きですね。文章は擬音と言葉遊びの連続。絵は限りなくゆるゆるです。最初のページの星と最後のページの星。この色の違いは何なのでしょうか?宇宙戦艦ヤマトに出てくる地球を思わせる最後のページの星。そしてその星に飛来した飛行物体は、「YOUは何しにこの星にっ」。シュールで怖いですよ。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない なんだろう  投稿日:2015/11/13
くじらさんのーたーめならえんやこーら
くじらさんのーたーめならえんやこーら 作: 内田 麟太郎
絵: 山村 浩二

出版社: 鈴木出版
 くじらさんの夢をかなえるために、くじらさんよりもずっと小さな動物たちが、みんなで力を合わせます。
 最初から少しトリッキーな出だしです。正直ここで「えっ」と思ってしまい、後はそれをずっと引きずって最後まで乗り切れなかったという感じです。
 どうしてみんなが「じらさんのためなら」と思ったのでしょうか?シャチと違ってオキアミしか食べないクジラさんは、他の動物たちにとっては「大きいけれどやさしい仲間」なのでしょうか?あと、最後、いくらなんでも氷山の下にタコはいません。なんか絵も描き方が雑に感じます。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 希望の朝だ  投稿日:2015/11/02
あさになったので まどをあけますよ
あさになったので まどをあけますよ 作: 荒井 良二
出版社: 偕成社
まさに♪あたらしい 朝が来た 希望の 朝だ♪。ブルーマンデーの朝食を摂りながらページを捲ると、勇気がわいてきますよ。そういう芋では大人向けの絵本なのかもしれません。地球上、どこにいたって、みんな同じ空の下にいて、みんなに同じように朝が来て。あとは窓を開けるだけ。「がんばれ、自分」という感じです。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット