しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

忠太郎さんの公開ページ

忠太郎さんのプロフィール

パパ・20代・大阪府、女0歳

忠太郎さんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 家族で一緒に声に出して読める本  投稿日:2008/02/22
なーらんだ
なーらんだ 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
いろいろなものが並んだ様子を楽しい絵で描かれています。
ものの名前や日常の風景が絵本の中にあって、子どもと声を出して「ありさんがならんだぁ」と声を出して読むときゃっきゃっと喜びます。

家族みんなで声に出して読めるお薦めの本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 歌って一緒に遊べる絵本です  投稿日:2008/02/18
かわいいどうぶつ CD付き
かわいいどうぶつ CD付き 作: 清水 玲子 門山 恭子
出版社: 世界文化社
親しみやすい音楽で言葉がわからない子供とでも楽しく
コミュニケーションができます。

CDがついているので、どう歌って良いのかわからない
ということもなく何度もかけることで音楽を聴いていると
子もどもも安心して喜ぶようになりました。

おすすめの一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なつかしいにおいを思い出しました  投稿日:2008/02/18
くんくん、いいにおい
くんくん、いいにおい 絵: たしろ ちさと
出版社: グランまま社
子どもの頃、公園で遊んだ後の手のにおいは土臭さと鉄棒のさびが混ざったにおいがしたように思います。

いろいろなにおいを素敵な絵で表現しています。

子どもと読みながら、懐かしい子どもの頃が思い出せる
そんな作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 話の続きを作りたいお話  投稿日:2008/02/16
ずるいねこのおはなし
ずるいねこのおはなし 作・絵: ビアトリクス・ポター
訳: まさき るりこ

出版社: 福音館書店
猫に招待されたネズミが食べられそうになる、お話です。

ストーリーの展開がはらはらドキドキで読んでいておもしろいです。
話の最後が、ネズミが猫から逃れるところまでなのですが、その後飼い主から猫が怒られる、そんな展開が予想されて自分で話を作れる、想像力が広がる絵本となっています。

4才くらいのお子さんなら話がよくわかると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分で読んでておもしろい  投稿日:2008/02/13
いじわるねことねずみくん
いじわるねことねずみくん 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
子どもが大きくなる前におもしろい絵本を探していたら出会いました。
ココロがほっとするような素敵なお話で、子どもに読んであげたいな、という気にさせる絵本でした。
絵のタッチも好きで、じっと見ていると何か本が語りかけてくるような絵力があります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 再発見!自分らしさを大切に  投稿日:2008/02/08
ボクのなかのボク
ボクのなかのボク 作・絵: 武田茉莉
出版社: 新風舎
子どもと一緒に読むというよりも、ちょっと自分に自信がなくなったときに読み返してみるとほっとします。
いやなことがあっても、誰かとけんかしても「あぁ、自分はいろんな人格を持っていてたまたまあのときはいやな自分が出ただけ。本当はもっと優しい自分がいるんだ」と気持が落ち着く絵本です。
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット