新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ

swatiさんの公開ページ

swatiさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子7歳

swatiさんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う さぁ、お風呂に入ろう!  投稿日:2017/01/20
そら はだかんぼ!
そら はだかんぼ! 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
ライオンさんがはだかんぼになると…なんとクマさんに!
どんどん、着ているものを脱いで、お風呂に入るお話です。

正直2歳の子どもにはまだ、少し早かったかなという感じです。
(2歳の子どもには、いろいろ理解できないことがあるので。
ライオンは最初からはだかんぼなのに、はだかんぼになるってどういうこと?などなど)

でも話の内容的には、とてもユーモアにあふれた面白い作品で、この内容が理解できたうえでこの本を読むことができるようになったらとても楽しいだろうなと思っています。

子どもが少し大きくなっても楽しめる1冊だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とっとこ、とっとこ  投稿日:2017/01/11
ねずみさんのながいパン
ねずみさんのながいパン 作: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
とっとこ、とっとこ。。。
ねずみさんが長いパンを持って、自分の家に帰るお話です。

家に帰る間に「あれ、このうちかな?」といろんな家に寄り道していきます。

うちの子どもは、絵本の中のいろんな家族を見て「これは、パパ!これは、ママ!」と指さしたりしています。

小さい子どもには、やはり繰り返しがわかりやすく面白いようで、ぴったりの絵本でした。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 助かっています!  投稿日:2016/11/04
アンパンマンをさがせ!ミニ1
アンパンマンをさがせ!ミニ1 原作: やなせ たかし
考案: K&B石川 ゆり子
作画: 東京ムービー

出版社: フレーベル館
保育園で、アンパンマンに興味を持ち始めた娘に購入しました。

「○○ど〜こだ?」と聞くと「ここ〜!!」と元気よく返事が返ってきます。
「これなぁに?」と娘にキャラクターを指さされ、名前のわからない物ばかりで返事に困ることもありますが…勝手に名前を付けて楽しんだりもしています。

かなりのお気に入りで、小児科に行ったりする時やどこかにお出かけに行くときは、本当にこの本に助けられています。
サイズもお出かけにちょうどいいサイズです。

文字が読めるようになったらこの本についているクイズを自分で解いたりと、長いスパンで楽しめる絵本かなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 題名のとおり「かわいいパン」  投稿日:2016/06/28
世界のかわいいパン
世界のかわいいパン イラスト: ぱんとたまねぎ
監修: 井上 好文

出版社: パイ インターナショナル
自分用に購入しました。
パンが大好きで見ているだけで幸せな気持ちになります。

都内近郊で、購入可能なパンが載っているので「今度買いに行こう!」とか「あー、このパンおいしいんだよなー」と思いを巡らせています。

挿絵もかわいくほっこりします。
とにかく癒されます。

思ったより小さいサイズの本ですが、バッグに入れて持ち運ぶにはちょうどいいサイズです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色づかいがかわいい  投稿日:2016/06/28
おちゃのじかんにきたとら
おちゃのじかんにきたとら 作・絵: ジュディス・カー
訳: 晴海 耕平

出版社: 童話館出版
表紙を見ても分かりますが、色がとてもきれいで見ていて楽しいです。
私が小さいころ読んでお気に入りの本でした。(内容がというより、その時も、色がきれいで楽しい気持ちになるなといった感じです。)

1歳の娘に読んであげていますが、とても大きいトラが出てくることがすごく楽しいようで、「がおー!おっきー!」と言って何度も読んでお願いしてきます。

他の方のレビューにもありましたが、物語の内容として何がいいたかったのかなーと思うところもありますが、今のところは「大きいトラさんが遊びに来て、おうちにあるゴハンをぜーんぶ食べて帰っちゃうお話」と言って娘に読んであげています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 体をゆすってまねっこ  投稿日:2016/06/28
だるまさんが
だるまさんが 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
保育園の先生に「この絵本を読むとオチの部分でケラケラ笑って喜んでいますよ。」と聞きびっくり!
絵本にそこまでの興味があると思っていなかったので、「これは家でも読んであげたい。」と思い即購入。

内容はとてもわかりやすく、「だ・る・ま・さ・ん・が」と言いながら体をゆすって絵本のまねをしています。
おならをぷっとするオチの所が1番のお気に入りです。

だるまが嫌いな我が子が唯一怖がらない、親子で楽しめるだるまさんです。(ほかのだるまが載っている絵本、本物のだるまは「こわーい」と言っていますw)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お気に入りの1冊です!  投稿日:2016/06/22
ピンポーン
ピンポーン 文: 中川 ひろたか
絵: 荒井 良二

出版社: 偕成社
家のチャイムが鳴ると走って玄関へ向かうようになった娘を見て、この本に興味を持ってくれるかなと思い購入しました。

案の定今では1番のお気に入り絵本。
短いフレーズの繰り返しは1歳の子どもでも覚えやすく、自分でページをめくりながら「ピンポーン!はーいどちらさまですか〜?」と読んでいます。

色もポップでかわいらしく、今、いろんなものがわかるようになってきたので、絵本を見ながらクイズを出して遊んだりもしています。(「ゾウさんどーこだ?」「おさかなどーこだ?」)

今では、家のチャイムが鳴ると「ピンポーン!はーいどちらさまですか〜?」と言って走って玄関に走っていきます。
参考になりました。 0人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット