新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

しろちゃぷさんの公開ページ

しろちゃぷさんのプロフィール

その他の方・60代・東京都

しろちゃぷさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 生命力の強さを感じさせる絵本でした  投稿日:2017/05/10
あいててて
あいててて 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
天の声が「あ〜、ぶつかっちゃう」と言っていても聞こえずにぶつかっちゃう。 
あっちからもこっちからもいろんな物が飛んできて、蚊にも刺されて 鉄拳にも当たっちゃって大きなコブまでできちゃって…。
『あ ひょい』の主人公の男の子と違って、こちらは野球帽?をかぶったスポーツ少年。 誠実そうで、口は真一文字。 その表情から、飛んでくるものを避けずに正面からぶつかっていく強さを感じさせます。  頭にいっぱい傷を負っているのに、涙を我慢して歯を食いしばってる表情に心惹かれます。 
自分の子供だったら、「よく頑張ったね」って言って抱きしめてあげたくなっちゃう。 
でも、3日すれば傷は癒え始め、一週間もすればスッカリ元通りの元気な男の子になっている。 人生にたとえて考えてしまう絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あ、ひょい とよける表情が可愛い!  投稿日:2017/05/10
あ、ひょい
あ、ひょい 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
こどもに読み聞かせをしたら、間違いなく真似したくなる絵本だと思います。生まれ持った反射神経で次々と飛んでくるものを避ける男の子。 魔女が投げた魔法でさえ、「あ、ひょい」とかわしてしまう。 人生こんな風に渡っていけたらスイスイ行けるだろうなぁと思って読んでいたら、最後にナント隕石が飛んでくる!!! これは誰でもダメでしょ。 いくら反射神経がよくたって、避けられないものだってある。 絶対絶命・・・と思ったら大どんでん返しが待っていた〜。 考え方ひとつで見方が変わると教えられた気がしました。 シンプルな絵でわかりやすく、それ故に大人の深読みもしてしまう絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドキドキ ハラハラ感がたまらない  投稿日:2017/02/23
日曜日の小さな大ぼうけん
日曜日の小さな大ぼうけん 作: 愛川 美也
絵: みやざき あけ美

出版社: BL出版
大嫌いなカマキリに出くわしてしまった主人公の男の子。それもひとり留守番の家の中で。なんとか退治しようと四苦八苦。やっとのことで部屋の外に追い出すのに成功するけど、最後はカマキリのことを戦友のように親しみ持って見送る姿が可愛い。立った2、3時間の出来事なのに、手に汗握る冒険物語になっていて引きつけられました。
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

出版社おすすめ

  • たことさる
    たことさる
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    単語の頭とおしりをくっつけると新しい言葉が生まれる!新井洋行の言葉遊び絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット