いもむしれっしゃ いもむしれっしゃ いもむしれっしゃの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
サイン本発売中!

ママのプーさんさんの公開ページ

ママのプーさんさんのプロフィール

ママ・30代・千葉県、男の子6歳

ママのプーさんさんの声

90件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 思った以上に使えそう!  掲載日:2018/1/24
くつひもトレーニングブック
くつひもトレーニングブック 著: Lake Press
出版社: 東京書籍
本屋さんで実物を見てみました。

靴紐トレーニングはそろそろしたいと
思いつつも、なかなかうまく教えられず。

こちらの本は、
各ページに穴が空いていて
実際にお手本を真似しながら
結んだりほどいたりができます。

本の材質もボール紙でしっかりしていて
使いやすそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドーナツ作りは楽しい!  掲載日:2018/1/24
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
うちの息子は、ドーナツが大好きです。

ホットケーキを作ると見せかけて、
輪っかにしてドーナツにすると、
きゃーきゃー騒いで喜びます。

息子の作るドーナツは
輪っかが切れてアルファベットのCみたいに
なっちゃうけど、美味しくいただきます。

この絵本を読んで、
出来上がったドーナツにデコレーションするのも
楽しそうでいいなと思いました。

謎の手紙の差出人にドキドキする
ほんわかした気持ちになれる絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カエルはカエルでいいんだよね。  掲載日:2017/12/26
オレ、カエルやめるや
オレ、カエルやめるや 文: デヴ・ペティ
絵: マイク・ボルト
訳: 小林 賢太郎

出版社: マイクロマガジン社
カエルの子供が、
いろんな生き物になりたがりますが、
お父さんは、無理だと言ってばかり。

カエルの子は
自分の嫌なところをあげていきますが
ひょんな事から、それって悪いことばかりじゃないと
自分を肯定できるようになります。

親子の軽快な会話は読みやすかったです。

小学生くらいになると
子供の成長にも個性が見えてきて
人を羨んだり、
自分を恥ずかしく思ったりと
複雑な感情が芽生えてきます。

そういう年代に、
読んであげて考えてもらいたい
絵本だと思いました。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 読んでるママが寝ちゃう  掲載日:2017/12/26
おやすみ、エレン
おやすみ、エレン 著: カール=ヨハン・エリーン
監訳: 三橋 美穂

出版社: 飛鳥新社
息子の感想は、
エレン眠たすぎるねー。
でした。

確かに。しかし、読んでるママの方が
眠くなっちゃいました。笑。
静かに読んだり、あくびしたりするところが
多いので、本当に眠くなる。

息子は、お話が楽しくなっちゃって
目が冴えちゃうようでした。

巻末に、読み聞かせの
ポイントやアイディアが紹介されて
いたので参考にしたいと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ワクワクするアニメ絵本です  掲載日:2017/12/26
雲の森のマーカス
雲の森のマーカス 絵: なつのはむと
文: 松井 亜弥

出版社: 創藝社
小さな男の子が、マーカスという
犬の少年と飛行機で冒険する物語。

アニメ絵本はあまり読んだことが
なかったのですが、イラストが綺麗で
描写も細かいですね。

マーカスが、犬だからこその
癖があって可愛かったです。

普段はシンプルな絵の絵本ばかりなので、
子供には新鮮で楽しめたようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供が進んで鼻をかみました!  掲載日:2017/12/26
はなくそ
はなくそ 著: アンジェール・ドロノワ
絵: カロリーヌ・アメル
監修: 守本倫子
訳: たかのゆう

出版社: 竹書房
幼稚園に入ってから、
鼻くそをほじるようになってしまった息子。
鼻血も出るので、注意をしてもすぐほじる。

少し諦めムードになっていた矢先に
この絵本に出会えて、本当に感謝しています。

絵本の中で、先生が鼻水や鼻くそについて
説明してくれて、とても汚いということを
しっかり伝えてくれています。

悪い例として、鼻くそをほじって
食べたり、服に擦りつけたり、と
なかなか細かいところまでかいてあって、
息子は内心ドキッとしたのではないでしょうか。

読み終えてすぐ、息子がティッシュで
鼻をかみました。
これを機に、鼻をちゃんとかむ習慣が
身につけば良いと思います。
もし、鼻をほじっているのを見つけても
「絵本で読んだよね」と優しく注意ができるのも
親としては助かると思いました。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱりすごい、眠れる絵本  掲載日:2017/12/11
おやすみ、ロジャー
おやすみ、ロジャー 著: カール=ヨハン・エリーン
監: 三橋 美穂

出版社: 飛鳥新社
テレビや雑誌で話題になった、
子供がすぐ眠れる絵本です。

ウサギのロジャーが早く眠るために
色々なアドバイスをもらっていきます。

ゆっくりと読んでいるだけで、
私も一緒に眠くなってしまいました。
リラックス効果もありそうです。

子供が眠るための仕組みが
研究されていてすごいなぁと思います。

これがあれば、早く寝なさい!なんて
叱らなくて済むのは本当に助かりますね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 早口ことばで爆笑!  掲載日:2017/12/11
はやくちことばで おでんもおんせん
はやくちことばで おでんもおんせん 文: 川北 亮司
絵: 飯野 和好

出版社: くもん出版
おでんの仲間たちが、
温泉へ行くのですが、
途中にたくさんの早口ことばが出てきます。

息子は、かたたたきのところが
気に入ったようで、ゲラゲラ笑っていました。

早口ことばが多くて、
読むのも大変なのですが、
スラスラ読めるようになったら
いいなぁと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねこがいっぱいですごく可愛い  掲載日:2017/12/11
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス 作: にわ
出版社: マイクロマガジン社
ももちゃんがクリスマスの準備をするところに、
たくさんのねこが邪魔をします。

邪魔をするねこをどかすには、
読んでるみんなの協力が必要なんです。
息を吹きかけたり、
本を揺らしたり。

参加型の絵本なので、最後まで楽しく
読めました。
そして、たくさんのねこがとにかく可愛い!

どのねこも可愛いので、
お気に入りの子を見つけるのも楽しいです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う じっくり見つける楽しさ!  掲載日:2017/12/11
にたものランドのクリスマス
にたものランドのクリスマス 作・絵: ジョーン・スタイナー
訳: まえざわ あきえ

出版社: 徳間書店
クリスマスの風景をよく見ていると、
おや、落花生!ライム!ヒトデ?!

この絵本は、意外なもので作られた世界なのです。

子供と一緒に読んでも楽しいですし、
大人が一人で、じっくり探しても
楽しめる一冊です。

どうやって作っているんだろうと、
不思議になります。

6歳の息子は、全然見つけられず、
普通にお話を楽しんでいました。

長く楽しめそうです。
参考になりました。 0人

90件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット