あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

ママのプーさんさんの公開ページ

ママのプーさんさんのプロフィール

ママ・30代・千葉県、男の子7歳

ママのプーさんさんの声

114件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 安定した読みやすさです  投稿日:2018/10/15
おばけとおやすみ
おばけとおやすみ 作: 新井 洋行
出版社: くもん出版
新井洋行さんのおばけシリーズは、
どれもおばけが可愛く描かれていて
子供に読みやすいです。

おばけが怖いと泣いてしまうような
息子もこのシリーズは大丈夫。

今回は、おやすみがテーマになっていて
可愛いおばけたちの寝かしつけをします。
夜の読み聞かせに良い一冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ジーンとくるお話です  投稿日:2018/10/15
ちいさなエリオット ひとりじゃないよ
ちいさなエリオット ひとりじゃないよ 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
小さなゾウのエリオットと、
その友達のネズミとの心温まるお話です。

海にたたずむエリオットの背中を見て
息子も寂しい気持ちを感じたようです。
登場人物の心の移り変わりをじっくり読めるのは
絵本の醍醐味だなぁと再認識しました。

最近テレビに夢中になってきた息子に
読んであげてよかったと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 心温まるお話です。  投稿日:2018/09/19
いっしょにのぼろう
いっしょにのぼろう 作: マリアンヌ・デュブク
訳: 坂田雪子

出版社: TAC出版
アナグマのおばあちゃんと、ネコの子供のお話です。
アナグマのおばあちゃんが、山登りに行くのですが、
道中の描写が素晴らしく、じっくり見てしまいました。
イラストがとても可愛いことと、
出てくるものをイラストと文で丁寧に解説してあるところが
気に入りました。
この絵本を読んだら、子供と一緒に遠足に行きたくなりました。
秋の行楽シーズンにオススメの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 音が面白い絵本です  投稿日:2018/09/19
そらから ぼふ〜ん
そらから ぼふ〜ん 作: 高畠 那生
出版社: くもん出版
空からホットケーキが落ちてくるお話です。
ホットケーキが落ちる音がぼふーん、です。
擬音語がたくさん出てきて面白いです。
読み聞かせたら子供が喜ぶ絵本です。

裏表紙に、ジオラマが作れる
ペーパークラフトみたいなおまけがあって、
お得感があります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 野菜のことが、学べちゃうかも。  投稿日:2018/08/12
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
男の子が、おばけの畑を冒険する話です。
野菜のおばけとの戦い方が、面白い!

きゅうりには、板ずり!
大根には、おろし!

家庭科で習ったような
野菜の下処理で戦うので、
自然とお料理の知識がつきそうで
お得な感じがしました。

絵本を読んで、
一緒にご飯を作ったりする
きっかけになればいいと思いました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う ほっこりした気持ちになりました  投稿日:2018/08/12
ちいさなエリオット おおきなまちで
ちいさなエリオット おおきなまちで 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
ちいさなぞうが主人公です。
大きな街では、ぞうは出来ないことが多いので
大変そうです。
そんな時に、出会いがあるのです。

シンプルなストーリーですが、
ジーンと来るものがありました。

ちいさなぞうが、自分の子供のように
見えてきて、
応援しながら見守ってしまいました。

子供だけでなく、大人の方へも
おすすめの一冊です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 見慣れた街で遊べる絵本  投稿日:2018/08/08
シティーズ とうきょう
シティーズ とうきょう 作: IC4DESIGN
出版社: 昭文社
さがし絵の絵本はよく読みますが、
東京が舞台になっているのは初めて見ました。

見慣れた街が、丁寧に描かれていて、
「ここに行ったことあるね〜」と
ワイワイ楽しく読めました。

隠れているキャラクターのイラストも
とても可愛いです。

このシリーズが
日本全国の地図で作ってもらえたら
楽しく地理の勉強も出来ちゃうなぁと
期待しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかく可愛いネコの日常  投稿日:2018/07/09
ニャンコどこいった?
ニャンコどこいった? 作・絵: よこただいすけ
出版社: 少年写真新聞社
猫目線で描かれた絵本です。

主人公の三毛猫がとても可愛く、
独特の語り口で日常を実況してくれます。

お家にやってきた怪獣とのエピソードなのですが
怪獣ではなく、人間の赤ちゃんなんです。
けど、猫目線では赤ちゃんは怪獣なんだなぁと
実感。

お話もほっこりして楽しいし、
イラストも可愛くて、
低学年の息子も大のお気に入りです。

読み終えた息子は、早速猫の真似をして
部屋を転がっています。

可愛いものが好きなお子さんにオススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 男の子へのプレゼントにしたい  投稿日:2018/07/03
はたらくくるまとまちをつくろう!
はたらくくるまとまちをつくろう! 作: のぐちたけし ふくしまやすこ かわうそぶちょう
発行: まる出版

出版社: サンクチュアリ・パブリッシング
はたらく車が、絵本の中にたっぷり出てきます。
しかけ絵本ということで、
クレーン車が上に飛び出たり、
トンネルの説明が、絵本の下に降りてきたり。

低学年の男子にぴったりだと思います。

しかけがたっぷりなので、
探す楽しみもあり、
長く楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 普段の生活でも役に立つ考え方!  投稿日:2018/06/04
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング 作: リンダ・リウカス
訳: 鳥井雪

出版社: 翔泳社
プログラミングに詳しくない私でも、
子供と一緒に学べる面白い絵本でした。

前半の絵本部分は普通に読み聞かせ、
後半の演習問題は、親子で一緒に遊べます。
演習問題が20問くらいあるので
子供と好きなものを選んでやれます。

アルゴリズム、抽象化、真偽、など
プログラミングの概念が、遊びながら身につくのは
すごく良いと思います。

「必要な情報を的確に伝える」ことを学べる内容で、
これって普段の生活でも役立つ考え方だなぁと思います。

まだ最後まで問題を解き終えていませんが、
パソコンでプログラミングをやってみたいと
息子が言いだしました。
プログラミング入門のきっかけ作りに最適な一冊です。
参考になりました。 0人

114件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット