しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ことりこさんの公開ページ

ことりこさんのプロフィール

ママ・40代・神奈川県、女の子11歳

ことりこさんの声

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 輪にしてシュポポポ!遊べる絵本です  投稿日:2011/06/13
よこながきしゃぽっぽ
よこながきしゃぽっぽ 作・絵: リチャード・スキャーリー
訳: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
お友達が遊びにくると「シュポポしよー」と、まっさきに本棚から取り出される
絵本です。本をダーッと開いて、大きな輪にして、中にこどもが入ります。
「せーの」で持ち上げて「しゅっぱーつ!」部屋のなかを「つぎはソファえき〜」
とアナウンスしながら、ガタゴトガタゴト電車遊びです。

でも、なかに入れるのは2人ぐらいが限度なので、多少のバトルはありますが、
それだけ人気の絵本です。ママさんからも「この本、楽しいねー」と評判の
1冊です。

小さなパーツがとれちゃったり、ページごとザックリ破れちゃったりして、
最初は「うぁぁ…」と思いますが、自分たちで持って、乗車した気分で遊べるのが
この絵本のいいところ。我が家では気にせずにテープを貼って、ボロボロに
なるまで遊んでいます。

なかなか他にない、洒落た絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あはは!おもしろい!  投稿日:2011/01/09
バムとケロのもりのこや
バムとケロのもりのこや 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
待ちに待っていた新作です。本を開く前からドキドキ、
もったいなくてゆっくりページをめくります。
いやぁ、おもしろい! 3歳の娘もバムの行動に、
ケロちゃんのとっぴな振る舞いに、クツクツ笑ってました。
どうなる?どうなる?という展開もさすが。
描き込まれた1枚一枚の絵に感嘆しつつ、バムとケロちゃんたちと
一緒に、もりのこやに行った気持ちになりました。
やっぱりバムとケロは絵本のなかでも別格だなぁと思いました。
長く楽しめる1冊です。
参考になりました。 4人

自信を持っておすすめしたい 迫力があります!  投稿日:2010/08/15
かばくん
かばくん 作: 岸田 衿子
絵: 中谷 千代子

出版社: 福音館書店
かばくんの肌、ざらざらしていそう。
大きな大きな口、飲み込まれそう。
のっしのっしと足音が聞こえてきそう。

動物の絵本は数あれど、実際に動物園に行って、
かばくんを見ている感覚になるのは、本当に少し。
この絵本は間違いなく後者です。

岸田衿子さんのリズミカルな言い回し、
中谷千代子さんの圧倒的な絵の力、
大人は「ホンモノを見た!」という気がジワジワしてきます。
こどもは自然な感性から「おもしろい!」とグイグイ
引き込まれていきます。

ずっとずっと残って欲しい、
いつのこどもたちも読んで欲しい1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいさ全開!  投稿日:2010/08/15
ゆっくとすっく トイレでちっち
ゆっくとすっく トイレでちっち 作: たかてら かよ
絵: さこ ももみ

出版社: ひかりのくに
2歳の娘はトイレトレーニングの真っ最中。
なにか1冊、トイレに興味を持つ絵本を…と思っていましたが、
インパクトがありすぎたり、可愛さに欠けたり、
なかなか見つかりませんでした。

そこで、ゆっく&すっくの登場です。
ページを開くたびに、くまくん、うさぎさん、りすくんの
楽しそうなおトイレが出てきて、こちらもにっこり。
そして、ゆっく&すっくちゃんのやる気に満ちた表情。
「でたーっ」の笑顔! 娘もこのシーンが一緒に言うほど大好きです。

丁寧に描かれている「トイレまわりの小物」も必見です。
うさぎさんのにんじんのパンツ、娘は指差しながら
「かわいいねぇ、これ濡れちゃったらいやだよねぇ」と言っていました。

ママもこどももお気に入りになる「おトイレの絵本」です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これもあったのか!  投稿日:2010/08/15
すっくのどこどこかくれんぼ
すっくのどこどこかくれんぼ 作: たかてら かよ
絵: さこ ももみ

出版社: ひかりのくに
「さがしもの絵本」いっぱいありますよね。
古典的な絵柄が魅力の「とこちゃんはどこ」、
Suicaでおなじみ坂崎千春さんの「ペンギンのゆうえんち」、
そして人気の「アンパンマンをさがせ!」
どれも「あった!」「ここ!」とこどもが夢中になる絵本です。

「すっくのどこどこかくれんぼ」はまずイラストがかわいい。
おしゃれ。わかりやすい。バスやお店屋さんなど、日常が
描かれていて、親しみやすい。

そして「アンパンマンをさがせ!」とは大きく違うところ。
いちどお題のアイテムを探したあと、こんどは「○○はどこ?」と、
ママがページをみながら問題を出せるところ。
アンパンマンはそのキャラクターの名前を親が知らないと
問題が出せないのです。
身近なモノがいっぱい登場しますし、言葉を覚えるきっかけ
にもなりますね。

さがしもの絵本をお探しのかた、こちらもおすすめですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本が額縁に入ったみたい!  投稿日:2009/10/03 16:19:00
バムとケロのカレンダー 2010
税込価格: \1,296
バムとケロのカレンダー、初めて買いました!

1月はあずき色、3月はオールドローズ、
8月はサックスブルーと、数字の部分の色合いと、
シックな額装の色合いがベストマッチで、
落ち着いた雰囲気の素敵なカレンダーです。

シールもついているんですね。かいちゃんにおじぎちゃん、
バムとケロのマグカップ、「みんなでミイラの本」…など
いろいろあって、どこに貼ろうか迷ってしまいます。
結局、たいせつにしすぎて、使えないかも知れません。

2010年は、お部屋の片隅に、いつでもバムとケロと
そのおともだちがいると思うと楽しみです。

自信を持っておすすめしたい ダイヤモンドのように雨がキラキラ  投稿日:2009/09/07
あめ ぽぽぽ
あめ ぽぽぽ 作: ひがし なおこ
絵: きうち たつろう

出版社: くもん出版
たいへん美しい絵本です。
空からおちてくる雨の一粒一粒が、キラキラと光り、
まるでプリズムのよう、ダイヤモンドのようです。
こんな清々しい「雨」は、絵本で見たことがありません。
おもわず「わぁ…」とおどろきの声が出てしまいました。

本文もとても読みやすいです。読み聞かせをしていると、
小さいころ国語の時間に、みんなの前で詩の朗読をして
いるような、そんな凛とした気分になります。
ていねいなことば、リズムのあることばの連続です。

娘もたくさんの「雨さんたち」にみとれ、雨の公園を楽しみ、
「ぽぽぽー」とフレーズをすぐ声に出していました。

雨が降った日の夜に、雨が見たい夜に、開きたくなる絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい うわ〜っ おもしろい!  投稿日:2009/08/19
バムとケロのにちようび
バムとケロのにちようび 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
ただの絵本じゃないです。娘に読み聞かせるのはそっちのけで、
じーっと見ては「ココ!ココ!」「あっ!ココ、こうだよ!」と
パパとママがまずはしゃいでしまうことでしょう。
それぐらい、いっぱい、こまかく、かわいく、ていねいに、
コネタが仕込まれているんです。なんどもなんども
本を手にとって、眺めては、笑ってしまうのです。
ふしぎなおもしろさです。

バムちゃん、ケロちゃん、いい生活してるなあ。
お部屋にあるもの、おもちゃに、イスに、壁飾りに、
そしてお風呂場に、キッチンに、屋根裏に、玄関に、
あれもこれもなんてすてきなデザイン。あこがれます。

1歳からでもじゅうぶん、絵を楽しめますよ。
バムとケロを知っていると、ぬいぐるみが欲しーい、
グッズが欲しーいと、ワクワクが続きます。
絵本好きには外せないシリーズです。
参考になりました。 0人

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット