ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

パトリシア・マクラクラン(ぱとりしあまくらくらん)

パトリシア・マクラクラン(ぱとりしあまくらくらん)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

9件見つかりました

表示

きょうはかぜでおやすみ

きょうはかぜでおやすみ

文:パトリシア・マクラクラン  絵:ウィリアム・ペン・デュボア  訳:小宮 由  出版社:大日本図書  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2016年02月25日  ISBN:9784477030463
  ためしよみ
ぼくのなかのほんとう

ぼくのなかのほんとう

作:パトリシア・マクラクラン  訳:若林千鶴  絵:たるいし まこ  出版社:リーブル  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2016年02月24日  ISBN:9784947581839
ちーちゃいチーチャ

ちーちゃいチーチャ

作:パトリシア・マクラクラン エミリー・マクラクラン  絵:ダン・ヤッカリーノ  訳:青山 南  出版社:小峰書店  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2007年12月  ISBN:9784338126526
おじいちゃんの目、ぼくの目

おじいちゃんの目、ぼくの目

作:パトリシア・マクラクラン  絵:広野 多珂子  訳:若林千鶴  出版社:文研出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1999年08月  ISBN:9784580812543
草原のサラ

草原のサラ

作:パトリシア・マクラクラン  絵:中村 悦子  訳:小玉 知子  出版社:徳間書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1996年01月  ISBN:9784198604301
潮風のおくりもの

潮風のおくりもの

作・絵:パトリシア・マクラクラン  訳:掛川 恭子  出版社:偕成社  本体価格:¥1,165+税  
発行日:1995年07月  ISBN:9784037265601
おじいちゃんのカメラ

おじいちゃんのカメラ

作:パトリシア・マクラクラン  訳:掛川 恭子  出版社:偕成社  本体価格:¥1,165+税  
発行日:1994年03月26日  ISBN:9784037265106
明日(あした)のまほうつかい

明日(あした)のまほうつかい

作:パトリシア・マクラクラン  出版社:ベネッセコーポレーション  本体価格:¥1,165+税  
発行日:1989年11月  ISBN:9784828813721
のっぽのサラ

のっぽのサラ

作:パトリシア・マクラクラン  絵:中村 悦子  訳:金原 瑞人  出版社:ベネッセコーポレーション  本体価格:¥1,204+税  
発行日:1987年10月  ISBN:9784828813035

9件見つかりました

パトリシア・マクラクラン(ぱとりしあまくらくらん)さんの作品のみんなの声

  • ポカポカした本です

    • アイカさん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 福岡県

    私は、海外の本に苦手意識があったので、最初母にこの本を進められたとき、私にも楽しく読むことができるだろうかと正直不安でした。ちょっとわかりにくいところもあったけど、読んだ後、心がポカポカしました。私が・・・続きを読む

  • 本音

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    家族でも本音をさらせないみたいな関係はたしかにあるところにはあるでしょうね。 音楽家の両親を持つ少年ロバートは、距離を感じているようです。 自分になにか足りないことが…と自信がない様子なので少々心・・・続きを読む

  • 3歳、無言で聞き入る

    もうすぐ4歳になる子に読みました。 こちらは挿絵が少なく、絵本というより児童書というかんじで、多分小学生向けなんじゃないでしょうか。 内容も外国のお話なので文化の違いが小さい子にはわかりにくいよう・・・続きを読む

  • 本音

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子14歳

    読んでいて、私と母の関係を振り返り、そして私と子どもたちとの関係を考えました。 何でも言い合って、言い過ぎてしまうことは良くありませんが、時には本音で話せる関係が、大事だと思いました。 ラジオから・・・続きを読む

  • 複雑ですね

    題名の「ほんとう」ってなんのことなんだろうと思って、手に取りました。なんか3分の2くらいまで、その正体がもやっとしていて、すっきりしないいらだちに似たものを感じていたのですが、なるほど、ロバートの家で・・・続きを読む


『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット