貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

宮島 新一

宮島 新一

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ぞくぞく ぞぞぞ

ぞくぞく ぞぞぞ

文:九州国立博物館  解説:宮島 新一  推薦:水木 しげる  出版社:フレーベル館  本体価格:¥1,000+税  
発行日:2007年03月  ISBN:9784577033593

1件見つかりました

宮島 新一さんの作品のみんなの声

  • ぞくぞくしてきます

    江戸時代に描かれた絵巻物の部分を絵本に仕立てたものなので、芸術として見るべきものかも知れません。 ストーリーはないので、絵をじっと見ることになるのですが、それぞれに唸るような怖さがあります。 シン・・・続きを読む

  • 色々な妖怪

    このお話にはいろいろな妖怪が登場してきました。その時に出る妖怪独特の様々な音が表現されていたお話で、うちの子はこの擬音を聞きながら妖怪が登場しているのを楽しそうに見ていました。絵のタッチがとってもリア・・・続きを読む

  • 気配に感じる恐怖

    怖いというよりも、芸術的だなって思いました。 前半に化物絵巻に“音”が添えられたもの、後半部分は水木しげるさんのインタビューなどの構成になってます。 水木しげるさんのお話は面白く、納得の連続でした・・・続きを読む

  • ぞぞぞぞぞッ!

    小学校低学年(1年〜3年)+5年生の読み聞かせに使用 こういう単語の繰り返しの多い本は 想像力をかきたててくれるので 一人で読むには少し物足りないと感じる小学生以上の子達でも 読んでもうとなる・・・続きを読む

  • 水木しげるさんの推薦の化物絵巻  九州国立博物館の絵巻 江戸時代狩野 宗信 筆とありました 解説も読むと 絵巻の中に現れる 動物たちの意味が分かります 動物と自然信仰 自然崇拝 そうしたおもいが込・・・続きを読む


永遠のウルトラ少年・少女たちへ捧ぐ!ウルトラセブン絵さがし本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット