クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

べるがもっとさんの公開ページ

べるがもっとさんのプロフィール

その他の方・50代・福岡県

自己紹介
絵本好きの40代
書店で児童書の担当をした過去もあったり
学童保育で指導員をしてたこともあったり
会社員だった頃はストレルが溜まると書店や図書館で
絵本に癒されてたこともあったり
なんだかんだで、絵本とは死ぬまで関わっていたいと思う今日この頃・・・
好きなもの
カワイイもの!
キレイなもの!
自分の感性に合うものに出会たときはサイコーです
ひとこと
あなたにとって絵本とは?

心の栄養剤です

べるがもっとさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 「日本語」っておもしろい!  投稿日:2013/09/08
へんしんトンネル
へんしんトンネル 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
子どもの頃にお家のお使いを頼まれたことのある方なら
1度は必ず(?)経験してるでしょう
お使いを頼まれた「モノ」を忘れない様に
何度も唱えて歩くことを・・・

「かっぱ」がいつのまにか「ぱっか」になったり
(お使いでかっぱを頼まれることは無いと思いますが)
「とけい」が「いつのまにか「けいと」になったり・・・
(私の場合、この歳になってもマダ良くありますが)

表紙の内側には
「この えほんの あそびかた」がレベル3まであります
レベル1 だれかによんでもらう!
レベル2 じぶんで こえをだして よむ!
レベル3 トンネルの ひみつをといて、じぶんで
      おもしろい ことばをかんがえてみる!

そこで実際にやってみました
レベル1 残念ながら大人なので誰かに読んでもらうには
      ちょっと気がひけたので ここはパス!
レベル2 ハイ 自分で声を出して読んでみました
      (読み聞かせに使用)
      ちょっとしたワザが必要なことに気がつきました
      ことばがちがうものに変身する時に
     少し間をおくか あえて小さな声にしてみるか
どちらかにしてみると すっごく楽しい!
レベル3 あ〜こんなことばがあるねぇ 
      と一人で読み聞かせながら考えていると
     子ども達は自然にいろんな楽しいことばを
     考えて教えてくれます!

このへんしんシリーズ(?)
まだまだ続きがある様なので 次も楽しみ^−^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぞぞぞぞぞッ!  投稿日:2013/08/22
ぞくぞく ぞぞぞ
ぞくぞく ぞぞぞ 文: 九州国立博物館
解説: 宮島 新一
推薦: 水木 しげる

出版社: フレーベル館
小学校低学年(1年〜3年)+5年生の読み聞かせに使用
こういう単語の繰り返しの多い本は
想像力をかきたててくれるので
一人で読むには少し物足りないと感じる小学生以上の子達でも
読んでもうとなると話は別の様です

暑い夏の一日の終わり(夕方)
気温がほんのすこぅし下がってきたところで
せめて気分だけでも・・・と思い読み聞かせ
おばけや幽霊が大好きな子どもたち
1ページ毎にいろんな発見をして楽しんで見てくれました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい この世で一番怖いものは?  投稿日:2013/08/22
ふるやのもり
ふるやのもり 作: 瀬田 貞二
絵: 田島 征三

出版社: 福音館書店
いわずと知れた昔話の定番のうちのひとつです
これを読む時に気をつけるのは
読み進める速度
昔話は全体的にゆる〜く読み進めるほうがいいかと思うのですが
こちらは中盤の雨漏りの水がどろぼうの背中に落ちたあたりからは
怒涛のように一気に読み進めると
切迫感が感じられて良いんじゃないでしょうか

瀬田貞二さんの再話にインパクトの強い田島征三さんの絵が
なんともいえず印象が深くなる絵本です
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット