くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ジンガくんいちばへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジンガくんいちばへいく

作・絵: ふしはら のじこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ジンガくんいちばへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年7月3日
ISBN: 9784834018516

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

出版社からの紹介

 男の子、ジンガくんの鶏がたくさんの卵を産みました。「今日は市場の日だから、おばあさんに届けたらどうだい」とお母さんがいいました。ジンガくんが卵を持って道路に出ると、たくさんの人が野菜や果物を担いで早足に歩いています。後から羊やヤギや豚や牛が、「ビエーッ ベェーエ ブヒブヒ モオー」と鳴きながらついていきます。人や荷物を満載したトラックが、「ブォーン ブブブブ」と砂埃を巻き上げて走っていきます。みんな、市場へ向かっているのです。市場には大勢の人が集まっています。日用雑貨、肉屋、仕立屋、パン屋、たばこ屋などいろいろなお店も並んでいます。ジンガくんは、何を見てもおもしろくてたまりません。でも、おばあさんはどこにいるのでしょう。
 アフリカのコンゴの大地でたくましく生きている人々の日常の風景を、現地に暮らしていた日本人画家が渾身の力で描きました。コンゴを舞台にした絵本は、6月の新刊『ゴリラとあかいぼうし』に次ぎ2作目です。アフリカの大地でのびのびと生きる子どもたちの姿をお楽しみください。

ベストレビュー

ジンガくんはどこかな・・

ジンガくんがおばあちゃんのいるいちばへ行くまでの道のり
アフリカの乾いた大地のなかの色彩あふれる布地
いつもの生活での家族の絆
細やかな絵が楽しい
たくさんの人々の中からジンガくんをさがす
ゆっくりと絵を眺めてアフリカの風を感じる一冊です
(くくるさん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。



『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

ジンガくんいちばへいく

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63




全ページためしよみ
年齢別絵本セット