しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
かこ・さとし かがくの本 (5) あまいみずからいみず
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かこ・さとし かがくの本 (5) あまいみずからいみず

  • 絵本
作: かこ さとし
絵: 和歌山 静子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

「かこ・さとし かがくの本 (5) あまいみずからいみず」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1988年08月
ISBN: 9784494009558

3歳〜小学校1・2年生
25.7×18.2cm 40頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

さとう水、しお水、コップを使った実験から、海の水のなぞを解きあかす、化学の絵本。

ベストレビュー

やってみました!

子どもに分かりやすく科学の原理を教えてくれる「かこさとし かがくの本」シリーズの一冊。
前半は砂糖と塩を量を変えて水に溶かす実験、後半は海の水が辛いわけのお話です。
コップの中の話から、突然地球規模の話になって戸惑いますが、それも科学的思考を身につけてほしいという、作者の狙いの一つだそうです。

娘と読んだ時は、後半部については、以前読んだバージニア・リー・バートン「せいめいのれきし」の記憶があったようで、抵抗感なく聞いていました。

前半の水に砂糖と塩を溶かす実験は、もちろんさっそく実践。もったいないと思う気持ちを押し殺し、「好きなだけ入れてごらん」と言ってやらせました。もうウキウキです。
(実際になめるときは、塩の方は「ちょっとだけよ」と注意しました)

実験後残った塩水と砂糖水は、しっかり料理に再利用してしまいました。
(わらはべさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かこ さとしさんのその他の作品

みずとは なんじゃ? / 紙芝居 いちにのさっちゃん / 過去六年間を顧みて / ゆうびんです ポストです / わたしのまちです みんなのまちです / しんかんせんでも どんかんせんでも

和歌山 静子さんのその他の作品

ねこがかいたえほん / 紙芝居 ころん こっつんこ / The Bean Counting Song まめの かぞえうた / 紙芝居 おっきなおにぎり ちっさなおにぎり / め・め・め / だれといっしょにいこうかな?



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

かこ・さとし かがくの本 (5) あまいみずからいみず

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29




全ページためしよみ
年齢別絵本セット