しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
まいごのことり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まいごのことり

  • 児童書
作: ねじめ 正一
絵: 松成 真理子
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784333020706

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

しんくんの部屋に、1羽の小鳥が迷い込んで来た。驚きつつも、愛らしい姿にひかれた彼は、部屋を閉め切って外出する。帰宅したしんくんが目にした光景は……。小さな命へのいつくしみを、繊細なタッチで描く。

ベストレビュー

両親の素晴らしい対応に学びました。

「うがいライオン」「ぎゅうぎゅうかぞく」の“ねじめ正一”さんの作品なので、ユーモアに富んだ面白い作品なのかと思っていたら、全く違いました。

作者の幼い頃の実話です。
「いのちのはかなさ、いのちの手ざわり、なくなったことりのいのちに、ちゃんと対応してくれた、親のおもいをえがきたっかたのです。」
という作者の言葉が、冒頭に記されています。

読んでみて、幼い作者と死んでしまった小鳥を囲むご両親の対応の素晴らしさに、私自身深く感動しました。

小鳥を死なせてしまったという事実に、ただただ驚き、悲しみ、自分を責める気持ちでいっぱいだった“しんくん”。
そんな“しんくん”にご両親は、冷静にあたたかく声を掛けていきます。
小さな命を思いやるということ、まごころを尽くすということ。
両親の導きで、“しんくん”の胸にしっかりと刻み込まれるのです。

レビューの数の少なさに驚きました。
ぜひ、多くの方に読んでもらいたいです!
小学生にオススメ。
(カトリーヌみどりんさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ねじめ 正一さんのその他の作品

はなやのおばさん / からっぽマヨネーズ / としおくんむし / ぼくのどうぶつえん / ぼくのおばあちゃんはキックボクサー / ひゃくえんだま

松成 真理子さんのその他の作品

ヒョウのハチ / 紙芝居 こびとのくつや / 竹とんぼ / きつねみちは、天のみち / 雨ニモマケズ / 紙芝居 にげだしたポケット



>絵本エイド ―こころにひかりを―

まいごのことり

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット