ちがうちがう ちがうちがう ちがうちがうの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
「なんの音!?」「おばけの音!?」ちがう、ちがう。あれはね…
今年はもっと楽しむ!絵本ナビのハロウィンパーティ
どんぐりと山ねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんぐりと山ねこ

  • 児童書
作: 宮沢 賢治
絵: 高畠 純
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784265071012

小学校低学年向き

8〜9歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

山ねこから届いたはがきで、「めんどな裁判」に出ることになった一郎。森へ行くと、どんぐりたちが、だれが「いちばんえらい」かを争っていた。そこで、一郎は…。

ベストレビュー

絵がとてもユニーク

「雪わたり」を読んだら息子が興味を示したので、またまた宮沢賢治に挑戦してみました。

一郎は山ねこから、どんぐりの裁判をどう収めるのか?と助言を求められます。

小学低学年からとあったので年長児でもいいかなと思いましたが、肝心の裁判のところが、息子にどう伝わっているのかがわかりませんでした。

絵が高畠純です。途中で一郎が出会うきのこの楽隊や馬車別当、山ねこらの絵がとてもユニークです。

私自身は、宮沢賢治のこの作品を絵つきで見たことがなかったので、絵に表すとこんな感じになるのだと興味深かったです。それにしても、宮沢賢治はこんな風変わりな話をよく思いついたものだと思いました。

一郎に手紙を書いた馬車別当が一郎に誉められて良い気分になっていくくだりがおもしろく感じました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

貝の火 / ざしき童子のはなし / どんぐりと山猫 / 雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ

高畠 純さんのその他の作品

たぬきのたまご / うし / 空で出会ったふしぎな人たち / モンスター・ホテルでパトロール / ノボルくんとフラミンゴのつえ / モンスター・ホテルでそっくりさん



葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

どんぐりと山ねこ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット