モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
きんいろのライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きんいろのライオン

作: 唯野元弘
絵: 水野 ぷりん
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784790251767

4歳児から

出版社からの紹介

友だちとは? ほんとうの勇気とは? 物語のメッセージが読者の心を揺さぶります。喜び、悲しみ… さまざまな感情が描かれる絵本『きんいろのライオン』。読みごたえのある文章と、大胆な絵がつくりあげた世界をお楽しみください。

ベストレビュー

お寺の説法みたいなお話。

いわゆる、教訓的なお話なのですが、元が古代インドに伝わる昔話だそうなので、たとえ話のようでいて、お寺の説法を聞いているような気分になるストーリーでした。

主人公のライオン・マノージャは、周囲の忠告も聞かずに、悪知恵の働く、口の達者なやまいぬの言うことばかり聞いていたため、やまいぬの口車に乗せられて、若い命を落とすことになってしまった。という大変ためになるお話でした。

こういう絵本を中学生や高校生の方々に読んで欲しいと思います。
「友達」というカテゴリーは最近とみに難しい存在になってきているようですが、自分にとって、その友達がどんな存在なのか、たまにはじっくり考えてみるのもいいんじゃないでしょうか?(ただし、友達だって、人格もあるし、感情もあるので、自分の利益・不利益だけで「友達」をこういうやつだからと、形づけたりしませんように!)
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


唯野元弘さんのその他の作品

さるの はし / みんなで まもった ひなどり / きんいろの しか / そらを あるく しろい ぞう / 日本民話 あたまに かきのき / ふくろうとにわとり

水野 ぷりんさんのその他の作品

大人も子どもも 読んで、聞かせて、楽しんで 日本の神様のお話 上 / 大人も子どもも 読んで、聞かせて、楽しんで 日本の神様のお話 下 / 発見!古典はおもしろい(3)ぷっとふきだす話 / 発見!古典はおもしろい(2) すごい人、へんな人の話 / 発見!古典はおもしろい(1) ぞくっとするこわい話 / 体験!子ども寄席 (4) 江戸っ子噺・どろぼう噺



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

きんいろのライオン

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット