ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
ベスとアンガス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ベスとアンガス

作・絵: マージョリー・フラック
訳: まさき るりこ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784752003854

出版社からの紹介

「アンガス」シリーズ最新作!
ブルンブルンベスは、臆病で恥ずかしがり屋。エアデール・テリアらしくしっぽをブルンブルンふらないので、ただベスと呼ばれていました。ところがある日、アンガスと出会い、おもわずいっしょにあひるを追いかけはじめました!

ベストレビュー

頑張らない展開がいい

アンガスシリーズを5冊いっぺんに読んで初めて知ったのですが、最初の3冊と後の2冊は訳者も出版社も違うのですね。瀬田貞二さんのファンですが、訳者の違い(訳文の違い)は私には気になりませんでした。

恥ずかしがりやで、しかも自分の餌さえも怖かったこわがりのベスが、アンガスと衝撃的な出会いをし、一緒に思わず元気に走り回ってしまった!という話です。こわがりを勇気を持って克服するという「頑張る」絵本でないのに、何でもできそうな気分になってしまう自然な展開です。

アンガスよりもベスに自分を投影させてしまう読者も多いかもしれませんね。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マージョリー・フラックさんのその他の作品

新装版/あひるのピンのぼうけん / トプシーとアンガス / ウイリアムのこねこ / Angus and the Ducks(アンガスとあひる) / Angus Lost(まいごのアンガス) / あひるのピンのぼうけん

まさき るりこさんのその他の作品

スティーヴィーのこいぬ / ベンジーのもうふ / ある子どもの詩の庭で / おやすみ、かけす / 愛蔵版 ピーターラビット全おはなし集(改訂版) / マイケルとスーザンは一年生



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ベスとアンガス

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット