あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
八方にらみねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

八方にらみねこ

  • 絵本
作・絵: 武田英子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「八方にらみねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年
ISBN: 9784061272880

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おかいこを、ねずみから守るため!
捨てねこだった子ねこを拾ってくれた、ばあさとじいさ。
恩返しのつもりで、おかいこをねずみたちから守ろうとしても、ちびねこのみけでは力不足。
みけは「八方にらみの術」を会得するために、山に修行に入りますが!?

ベストレビュー

迫力のある絵

この絵本は、ある雑誌のオススメのページに掲載されていた絵本です。
4才の息子が、その絵本を見て「読んでほしい」というので注文しました。そしたら、とても迫力がある絵に、ぴったりのお話。
ねずみにばかにされた猫が、やまねこさまの所へ修行に行き、努力が実って、「八方にらみの術」が使えるようになる。そして、ねずみを退治してしまうという昔話です。
親子そろってお気に入りの絵本の中の1冊です。
(ラビさん 30代・ママ 男の子9歳、男の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

武田英子さんのその他の作品

八方にらみねこ 新装版



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

八方にらみねこ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット