ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いえでででんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いえでででんしゃ

  • 絵本
作: あさの あつこ
絵: 佐藤 真紀子
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いえでででんしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年09月20日
ISBN: 9784406050630

小学校中学年〜小学校高学年
B6

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

家出した子のねがいなら、なんでもかなうでんしゃです!?

妹思いのさくら子は、ママから「ムジツのツミ」でしかられ、生まれてはじめて本気の家出をした。夕ぐれの駅にやってきたのは茶色のすごいボロ電車。家出した子はただで乗れると車掌さんはいった。となりのクラスのけいすけくんも飛び乗って、「いえでででんしゃ」の旅がはじまる。トンネルをぬけると電車は空を飛んでいた!

ベストレビュー

乗れるのは家出した子だけ

いえででんしゃに乗れるのは家出した子だけ。
でも家出していない子もこっそり乗っているのを見て乗れるんだと思いました。さすがに大人はだめそうですが。
自分がやってもいないの親に「あなたでしょう!」と言われ、信じてもらえないって辛いことですよね。私もそういう決めつけってしてしまいそうでちょっと気を付けたいなと思いました。ラストでしっかりと自分の間違いに気づくお母さんで良かったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの あつこさんのその他の作品

くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(2) 二つの世界

佐藤 真紀子さんのその他の作品

さかな・食べるのだいすき! / ごはんだいすき! / 食物の流通と栄養 / ぼくらは鉄道に乗って / ぼくたちのリアル / 蒼とイルカと彫刻家



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

いえでででんしゃ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット