しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
わたしのだいすきなどうぶつは…
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのだいすきなどうぶつは…

作・絵: フローラ・マクダネル
訳: こだま ともこ
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,359 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わたしのだいすきなどうぶつは…」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784572003492

幼児から
307×275mm・26p

出版社からの紹介

マザーグース賞を獲得したアイルランド生まれの作家によるダイナミックな絵本。 犬、猫、牛、羊、馬、にわとりなど、身近な動物の特徴をよくとらえて、生き生きと描いて大評判です。

ベストレビュー

農場の豊かな一日が想像できます

 同じ作者の「わたしのだいすきなふねは…」と同様、絵が大胆に語る絵本。見開きページいっぱいに農場の動物たちが表情豊かに描かれ、おおらかな気持ちにさせられます。子供も、犬、あひる、ヤギ、牛、ブタ、猫など農場の動物に対して親近感が倍増した様子でした。主人公として?登場する、緑色の目をした少女は、きっと作者でしょう。動物たちに囲まれてうれしそうにしている少女の顔は、この絵本を開く子供たちの投影であるとも思えます。
 この絵本は息子(8歳)が生まれた年に出版され、当時、米国の子育て各誌で絶賛された作品です。日本語訳がまたすてきで、赤ちゃんから楽しめます。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フローラ・マクダネルさんのその他の作品

わたしのだいすきなふねは…

こだま ともこさんのその他の作品

なかないで、アーサー てんごくへいった いぬのおはなし / ナンタケットの夜鳥 / ぼくが消えないうちに / 最古の魔術書 (3) ブラック・レコニング  / ラブリーオールドライオン おじいちゃん、わすれないよ / アーチー・グリーンと魔法図書館の謎



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

わたしのだいすきなどうぶつは…

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット