ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ちいさなかがくのとも くさはら

ちいさなかがくのとも くさはら

  • 絵本
作: 加藤幸子
絵: 酒井 駒子
出版社: 福音館書店
  • Line

作品情報

発行日: 2008年09月

3歳〜4歳〜5歳
ちいさなかがくのとも 2008年9月号

出版社からの紹介

「くさはら」というとどんなイメージがうかびますか? 草花あそびに虫とり。ピクニックでおべんとうを食べたり、ねっころがったりするところ。でも「くさはら」は、いつもそんなふうにやさしく迎えてくれる場所ではありません。とても猛々しい顔も持っているのです。この絵本は、川原でちょうちょを追いかけているうちに背の高い草にかこまれてしまった女の子のおはなしです。

ベストレビュー

怖いだけでない、ワクワク・ドキドキ感

私はタイトルに惹かれて図書館で検索して借りてきたので、真冬に読んでしまいましたが、この絵本はお子さんたちに読むときはぜひ、暖かい春から夏にかけて読んでほしいです。

背の高い草原の中に入り込んでしまった女の子が主人公です。
一人で“草の中に”迷い込んでしまったまのの「怖い」という不安感だけでない、ワクワク・ドキドキした感じを、読み手と聞き手が一緒に体験できるといいな〜と、思いました。
字はやや大きめに書かれていて、言葉も簡潔で読みやすいです。
酒井駒子さんの絵はどのページも素敵で、堪能できます。

3,4歳から小学校低学年くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ


加藤幸子さんのその他の作品

くさはら / よるの おきゃくさま / あめあがり

酒井 駒子さんのその他の作品

すやすや おやすみ / みみをすますように 酒井駒子 / 梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし / もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで / もうひとつの曲がり角 / ねえさんといもうと


絵本ナビホーム > > ちいさなかがくのとも くさはら

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

ちいさなかがくのとも くさはら

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット