もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
はしれ、きかんしゃちからあし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はしれ、きかんしゃちからあし

  • 絵本
作: 小風 さち
絵: 藍澤ミミ子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はしれ、きかんしゃちからあし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784834023794

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 40 サイズ: 22X30cm

出版社からの紹介

蒸気機関車「ちからあし」は、沢山の貨車を引き、狭い山道でも走ります。戦争で仲間を失う悲しみを乗り越え戦後も大活躍。しかし新型車の登場で役目を終えます。ある朝、機関助士がきて車体を点検、再出発の日が!

ベストレビュー

余韻が残ります

ちからもちの蒸気機関車《ちからあし》が主人公です。
《はやあし》という特急列車の機関車の友達もいます。
機関庫で一日の仕事を終えた機関車たちが語らいのひと時。
平穏な毎日だったのに、ある日、不穏な影が差してきます・・・。

「戦争」という概念、まだうちの4歳の息子はよく理解していません。
でもこの絵本を読んで、なにか暗い、よくないもの、ということは感じてくれたのではないかと思います。

この本は、戦争のもたらす悲しみ、そこからの復興、そして蒸気機関車がその役目を終えた後の余生までが描かれています。
大人目線からは、なかなかに深く難しいお話なのですが、ラストシーンのちからあしの姿には、ほっとさせられます。

余韻の残るいい絵本です。
(あんれいさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

小風 さちさんのその他の作品

よ・だ・れ / ピクルスとふたごのいもうと / わにわにのかるた / おおきな3びき ゆうえんちへいく / こぶたのピクルス / ちいさなきしゃと おおきなおきゃくさん



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

はしれ、きかんしゃちからあし

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット