貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
おばあさんのねこになったねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあさんのねこになったねこ

  • 絵本
作: 岡本一郎
絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784323024134

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ブンは「わるねこだん」のおやぶん。しのびこんだ家で、ひとりぐらしのおばあさんに、むかしかっていたねことまちがわれてしまいます。のらねこたちがくりひろげるほのぼのものがたり。

ベストレビュー

”わるねこ”だけど、とても優しいね

いもとようこさんの挿絵がとても印象的な作品です。
おばあさんの家に泥棒に入った猫のブン。おばあさんに見つかってしまうのですが、いなくなった猫のシロと間違われ、その晩一緒に寝ることに。「しましまのねこに会いたい」「ミケ」「3匹のねこ」「クロ」と、次々おばあさんの要望に答えようとするブン。でも・・・
おばあさんを喜ばせようとするブンや仲間たち。”わるねこだん”も、おばあさんには優しいんですね。そして、そんな猫たちの気持ちをちゃんと受け止めたおばあさん。これから毎日唄ったり踊ったり、一緒に楽しく暮らすんでしょうね。羨ましいなぁ。
(モペットさん 20代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡本 一郎さんのその他の作品

ちょうにんのたべもの / にっぽんいっしゅうかるた / にゃんきちいっかのだいぼうけん / 一年生かるた / なんじゃじまものがたり 後編 / かいとうカメレオンをおいかけろ!(チャイルド本社刊)

いもと ようこさんのその他の作品

ねことねずみ / 心ってどこにあるのでしょう? / 注文の多い料理店 / あかい ろうそく / いもとようこあいうえおかるた / がちょうのたんじょうび



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

おばあさんのねこになったねこ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット