もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
あした・えんそくだから
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あした・えんそくだから

  • 絵本
作: 守屋 正恵
絵: いもと ようこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年09月
ISBN: 9784251006028

対象対象:3歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

もりやまくまおは、てるてるぼうずにおねがいしました。「あしたてんきになあれ」って。あしたは遠足です。

ベストレビュー

てるてるぼうず

明日はくりのき園の遠足。みんなで「てるてる坊主」を作りました。くまおは「明日天気にしてくれたらチョコレートをあげる」と約束。翌日はとってもいい天気。くりのき園のみんなと一緒にてるてる坊主もバスへ乗り込んだ。遊園地でいっぱい遊んだ後はお弁当。くまおは約束どおりチョコレートをあげました。
遠足は子供が楽しみにしている行事の一つ。それが雨ではちょっとがっかり。実は昨年の運動会、予報は雨。子供たちは「てるてる坊主」を作ってお祈りしていました。が、やっぱり雨。子供たちの悲しがりようは見ていられませんでした。《天気》はどうすることもできないけれど、やっぱりこんな日は晴れてほしいですよね。
くまおはチョコレートが大好きなはず。だけど、それをあげてもいいからお天気にして欲しい、そんな気持ちがよく伝わってきました。とても可愛らしい作品です。
(モペットさん 20代・ママ 女の子5歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


守屋 正恵さんのその他の作品

ぼくもうなかないぞ / おたんじょうび・おめでとう

いもと ようこさんのその他の作品

ピノキオ / 3びきのこねこ / きつねのがっこう / てんこうせいはつばめくん / ながぐつをはいたねこ / おふろ



マグネットピースが付いた、きせかええほん!

あした・えんそくだから

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット