ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
チムのいぬタウザー チムシリーズ 7
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チムのいぬタウザー チムシリーズ 7

  • 絵本
作・絵: エドワード・アーディゾーニ
訳: なかがわ ちひろ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「チムのいぬタウザー チムシリーズ 7」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年09月
ISBN: 9784834017175

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

2001年版チムシリーズ第7弾。犬を助けるためのチムの嘘がもとで、船は混乱に陥ってしまった。動物との交流を軸に、小気味よいテンポで語られるユーモラスな作品。


海洋冒険絵本チムシリーズ第7巻。
「チム。あそこに いぬが いるぞ。ほら、うしろの かんぱんだ。みえるか?」
「いいえ、みえません」
 犬を助けるためのチムの嘘がもとで、船長が病気になり、船は混乱におちいってしまう。航海の危険を感じたチムが、真実を船長に告げようとした、その時、隠していた犬のタウザーが船長室に飛び込んできた。動物との交流を軸に展開する、小気味よいテンポのユーモラスな作品。
 チムシリーズは、第1巻は息子に、第2巻は娘に、その後の巻も、甥や姪のためにというように、具体的な近親者を読者として、40年に渡り描き続けられてきました。この巻は作者62歳の時、孫のために描かれたものです。

 E・アーディゾーニ生誕100年を記念して企画され、新規の製版により美しい色彩でよみがえった名作絵本2001年版。それぞれの巻は、起承転結を整えた独立した話として完結しながらも、全巻が一つの物語として連続しています。

ベストレビュー

今回も、ハラハラ、ドキドキ。

船乗り少年のチムとジンジャーが、犬嫌いの船長の船の中で、なぜか乗っていた子犬をみつけ、かわいそうなので、こっそり二人だけで飼うことにします。でも、船長にとうとう見つかってしまい・・・。
いつ、みんなにバレルのかとハラハラ、そして今回も嵐にあい、またドキドキ。チムのシリーズには、いつも子供が夢中になってしまいます。
まだ、子供なのに船に乗って冒険ばかりしているチムとジンジャー。心優しい二人は、自分達の食べ物をこっそり犬あげ続け、自分達は、どんどん痩せ細ってしまいます。本当になんて優しく、勇敢な子供達でしょうか。
船の世界は、私達には未知の世界ですが、船員達の気持ちが一つにならないと、嵐の中で沈没してしまうのだな、ということがわかりました。
こわーいせん船長さんが、最後は、理解を示してくれて、よかったー。

(はなしんさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エドワード・アーディゾーニさんのその他の作品

ゆうかんな猫ミランダ / ライラックの枝のクロウタドリ / エドワード・アーディゾーニ 若き日の自伝 / あかいえのぐ / Little Tim and the Brave Sea Captain チムとゆうかんなせんちょうさん / マチルダばあや、ロンドンへ行く

なかがわ ちひろさんのその他の作品

きょうりゅうたちのいただきます / にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち / ぶきみなよるのけものたち / ソーニャのめんどり / きょうりゅう きょうりゅう ミニブック(ボードブック) / ことりのおそうしき



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

チムのいぬタウザー チムシリーズ 7

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット