貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
とらばあちゃんのうめしごと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とらばあちゃんのうめしごと

作: いちかわ けいこ
絵: 垂石 眞子
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784752005018

27cm 32ページ

出版社からの紹介

ぼくは、はじめて木にのぼって、はじめてうめのみをとって、はじめてうめぼしをつくった。とらばあちゃんが、ぜんぶおしえてくれた。すっぱくておいしいうめぼし、できるかな。巻末にくわしい梅干しの作り方付き。

ベストレビュー

梅干をつけよう

このお話は、おばあちゃんと梅干をつける男の子のお話でした。梅取りから一緒にやって、つけて、出来上がるまで楽しみに待っている姿はとっても素敵なお話でした。私も梅を取ってきたのでこのお話を参考に子供と一緒に梅をつけようって話していました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いちかわ けいこさんのその他の作品

紙芝居 まってるのだあれ / 紙芝居 げんきなかぼちゃ / おばけかな? / 紙芝居 みんな1ねんせい / 紙芝居 うんちうんちぽっとん / しーっしずかに

垂石 眞子さんのその他の作品

ぞくぞく村のにじ色ドラゴン / ポプラ世界名作童話(1) 赤毛のアン / ぞくぞく村のランプの精ジンジン / 紙芝居 いちについてよーいどん / わたしのかさはそらのいろ / 那須正幹童話集1 ともだちみっけ



【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

とらばあちゃんのうめしごと

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット