もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぶうたんのきいろいかさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぶうたんのきいろいかさ

作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぶうたんのきいろいかさ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年12月11日
ISBN: 9784569681412

出版社からの紹介

内容:ぶうたんは、かさで遊ぶのが大好き。おふろのシャワーの下で広げたり、背中がかゆい時はまごのてがわり。創意工夫の楽しさを伝えます。

解説:幼児絵本の新シリーズ第二弾です。幼児の生活の身近なものを素材に、「こんなことをしてみたいなあ」「できたらいいなあ」と思わせる、幼児の豊かな創造力をユーモアいっぱいに描いた絵本です。 ぶたのぶうたんは、かさがだいすき。雨の日は、もちろんひらいて歩きますが、雨がふっていない日は、おふろのシャワーの下でひらいて遊ぶほどです。楽しい時はかさを持っておどります。野球がしたい時は、ぶんぶんふりまわします。背中がかゆいときはまごのてに。夜雨が降っていたら、ひらいてものほしにかけておくと、次の日かさに水がたまって、かえるや金魚がプールに。 風が強い日は、スケートボードにのってかさをひらきます。さて、どんなことがおこるのでしょう……!? 4色色指定の技法を使用しているため発色がよく、大変美しい色合いになっています。子どもたちが、ぶうたんと一緒になって遊べる絵本。

ベストレビュー

4歳の子供に読ませるのに最適・・・

 今、梅雨。
傘を持ったぶうたんが気に入ったらしく、息子は図書館の棚から持った来ました。とても面白い楽しい内容。
息子が毎晩、私に読み聞かせしてくれる1冊になりました。
梅雨が終ってしまうと、もう読んでくれなくなるのかな?と思いつつ、とっても嬉しい気分です。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ぶうたんのきいろいかさ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46




全ページためしよみ
年齢別絵本セット