おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
かなへびくんのあかいながぐつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かなへびくんのあかいながぐつ

作: 島津 和子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「かなへびくんのあかいながぐつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年09月01日

対象年齢 4才から5才向き

出版社からの紹介

嵐の翌朝、かなへびくんがお昼寝の家にして大事にしていた、赤い長靴がなくなってしまいました。仲よしのがまくんと一緒に、水浸しになった野原を探し回るかなへびくんの行く先々に現れたという赤い大きな怪しい生き物を追っていくと……。 嵐の後のみずみずしい野原の風景と、そこに住む小動物や虫たちを、美しい水彩で、生き生きと描きます。

ベストレビュー

庭の生き物を物語に

この前に同じ年中向きで「がまくんとかなへびくん」(98年8月号)という、おそらくこの二匹だろうお話が出ています。
夏を感じさせる素敵な友情話でこちらもオススメです。

年少版でリアルな生態を描いたかなへびくんとがまくんが年中版になってTシャツなんか着ちゃって、ちょっと物語っぽく変身して再会です。
少し絵のタッチが変わって、より鮮明に彼らの姿が描かれています。
とてもかわいらしいストーリーで、読後うちの庭でもこんなことが起きているのかと和みました。
長靴の中のザリガニに「食べたら旨そう」と思った私は下衆でしょうか。
それくらい美しい絵でした。原画はもっと綺麗だろうなあ。

身近な生き物が好きなお子さんにはたまらない本だと思います。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子14歳)

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す

島津 和子さんのその他の作品

あかちゃんかたつむりの おうち / ありの くろちゃん / いちごばたけが できたよ / かなへびくん / ほおずきが いっぱい / にわのがまくん



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

かなへびくんのあかいながぐつ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット