貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
いいものひろった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いいものひろった

作: なかの ひろたか
絵: 二俣 英五郎
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いいものひろった」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年06月
ISBN: 9784494006519

ベストレビュー

読み聞かせ向きの素敵な絵本

ある秋の日、背中がかゆくなったクマさんが背中をこすりつける木を探しにいきます。
クマさんはちょうどいいりんごの木を見つけ、背中をこすりつけます。
すると(多くの方が想像できると思いますが)りんごが落ちてきました。
りんごは転がって川にポチャン!
川の中のりんごを見ていると、そこにたくさんの鮭があがってきました。
クマさんは大喜びで鮭を川岸にはねあげ、一匹一匹竹に通し、
肩にかついで家に帰りました。
・・・とこれで終ってしまったら、なんとも普通のお話なんですが、このあと、一匹のきつねの登場でとっても面白いお話になります。
是非読み聞かせで使いたい絵本です。
こんな素敵な絵本に出会えるととっても嬉しくなります♪
絵は私の大好きな二俣英五郎さんが描いています。
きつね、クマ、いづれの表情も素晴らしかったです。
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかの ひろたかさんのその他の作品

おしりをふく話 / てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ / なきむしおばけ / なきむしおばけ / ひとりぼっちのりんごのき / かみなりゴロスケ

二俣 英五郎さんのその他の作品

吉四六さん / くらやみえんのたんけん / 子ども寄席 春・夏 / 子ども寄席 秋・冬 / 東海道中膝栗毛  / CDつき えいごでよむ名作えほん(3) I Say,You Say とりかえっこ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

いいものひろった

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット