レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪
【ノラネコぐんだんグッズがいっぱい!】kodomoe shop in EhonNaviがオープン♪
おにのよめさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おにのよめさん

  • 絵本
作: 岸 なみ
絵: 福田 庄助
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

「おにのよめさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1969年06月
ISBN: 9784033041100

象年齢:3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

日照りに雨をふらせてくれたお礼に、小鬼の嫁さんになったものの、おふくは家がこいしくて…。伊豆に伝わる節分にちなんだ民話。

ベストレビュー

鬼側の目線で見てしまいました。

少し前に節分にちなんだお話はないかなと、探していて見つけました。
この絵本を読むと、「どうして節分の時にいり豆を撒くのか」「どうして鬼は外。福は内」というのか。すごくわかりました。
これが本当の答えではなく、この絵本で描かれているのは、節分行事の答えの一つなのでしょうけど。

この絵本は伊豆半島中部の民話をもとに書かれたものだそうです。
福田庄助さんのえがく鬼がかわいくて、ストーリー的にも、決して悪い鬼ではないので、結局お福は実家に戻って、親元で暮らすことになってしまったのが、大人としてはちょっとどうかな〜。と、鬼側の目線に立って考えてしまいました。

うちの子どもたちは、節分行事に関連した内容に「なるほど」と思ったようでした。
物語はわかりやすく描かれているので、小学校低学年、もしくは幼稚園くらいからでも十分理解して楽しめるお話だと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子13歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岸 なみさんのその他の作品

てんぐのこま

福田 庄助さんのその他の作品

ふしぎなひこうき / かもとりごんべえ / おかあちゃんごめんね / 紙芝居 おいの森とざる森、ぬすと森 / 天からきた大力童子 / こんやは、なんてふしぎなよる



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

おにのよめさん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット