新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
すんだことはすんだこと

すんだことはすんだこと

  • 児童書
作・絵: ワンダ・ガアグ
訳: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,100

「すんだことはすんだこと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1991年05月
ISBN: 9784834005066

出版社のおすすめ年齢:4歳〜

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

畑仕事に疲れたフリッツルさんは家事をやってみたくなり、おかみさんと仕事をとりかえるのですが……。ガアグが幼いとき祖母から聞いた昔話を、心をこめて描き、語っています。

ベストレビュー

人間の器をでかく

自身の保育園卒園時に、先生方からの贈り物として頂きました。
大人になった今でも、手放せない1冊です。

おじさんが、おばさんに代わり家の仕事をこなそうと奮闘するのですが思うようにいかず…
様々なトラブルでお家はしっちゃかめっちゃかになっていきます。
幼い頃は、その様子が単純に面白おかしく、お気に入りの本でした。

中学生くらいになって、父親と勉強や門限のことで度々喧嘩になりました。他の家の友達は許されることが、どうして自分には許されないのだろうと、憤りを感じていました。
その頃にこの本を読むと、不思議と面白おかしい本ではなくて、なんておおらかな人たちの話なんだろう…と、出てくる夫婦の器の大きさに魅せられました。
元々、読み物は好きでしたが絵本に何かを考えさせられたのはこの本が初めてだったと思います。

なんだか、ちっぽけだな、自分。
という感覚になったんですよね。

そこからだんだんと、自分の短所も、人の短所も、それはそれで人の面白みだと捉えることができるようになっていきました。
短所を受け入れることによって、ぶつかり合ってばかりいた頃より、自分にも他人にも寄り添えるようになれた気がします。

失敗を全て許しましょう。というわけではなく、失敗すらも面白おかしく捉えながら、人の気持ちに寄り添い成長していきましょう。という素敵な本です。

すんだことはすんだこと。
次への成長に繋がる魔法の言葉をぜひ多くの方に知って頂きたいです。
(お米さん 20代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,100円
1,540円
1,760円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

330円
1,870円
715円
550円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

すんだことはすんだこと

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら