おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
すんだことはすんだこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すんだことはすんだこと

  • 児童書
作・絵: ワンダ・ガアグ
訳: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年05月
ISBN: 9784834005066

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

畑仕事に疲れたフリッツルさんは家事をやってみたくなり、おかみさんと仕事をとりかえるのですが……。ガアグが幼いとき祖母から聞いた昔話を、心をこめて描き、語っています。

ベストレビュー

このフレーズが心地よい

『すんだことすんだこと』このフレーズが心地よく、ついつい手にしてしまう本。とぼけた挿絵も笑いを誘います。
畑仕事に疲れたフリッツルさんが、おかみさんの家事仕事の方が楽そうだと、おかみさんと仕事を取り替えます。予想通り?フリッツルさんは失敗の連続。炒めていたソーセージを犬にくわえられて逃げられたり、その犬を追ったばっかりに、リンゴ酒を地下室いっぱいにしてしまったり、子どもはバターだらけにしてしまうし、ついには自分がスープの鍋の中へ?!
でもフリッツルさんがすごいのは、大変な楽天家なところ。「まあ、しかたない。すんだことはすんだこと」で、すべてすませてしまうのです。なので最後にはおくさんと仲良く幸せに暮らせます。
隣の芝が青く見えるのは仕方がない。「すんだことはすんだこと」。素直に謝ったもの勝ちだなぁと爽やかな気持ちになれる一冊です
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ワンダ・ガアグさんのその他の作品

へんなどうつぶ / スニッピーとスナッピー / ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き −「100まんびきのねこ」の作者が残した日記− / なんにもないない / ヘンゼルとグレーテル / しらゆきひめと七人の小人たち

佐々木 マキさんのその他の作品

あかいけいと / あおいともだち / ひょっこり ひとつ / ねこ・こども / わるわるイッサイ / 南極のスコット大佐とシャクルトン



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

すんだことはすんだこと

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット