もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
けいとだま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

けいとだま

作・絵: 大槻あかね
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「けいとだま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年01月

対象年齢 2才から4才向き

出版社からの紹介

赤い毛糸玉がひとつありました。そこへやって来たのは、毛糸玉よりも小さな小さな人でした。その人が毛糸を使って編みあげたのは、長い長い長〜いマフラー。その長い長いマフラーを首に巻いて散歩に出かけると……。思いもよらない結末が待っている、不思議で楽しいナンセンス絵本。

ベストレビュー

「アッハッハー どいてどいて」

これまた、「こどものとも 年小版」の絵本です。
これも、素敵な絵本でした。イラストの毛糸がとっても感じが出ていて、そこが尚、この絵本を素敵にしてくれていた気がします。
大きな毛糸玉を見た人(小人かな?)が、ながーい長いマフラーを編みました。
それを巻いて出かけると、出会った人がみんなその長いマフラーを一緒に首に巻き、人の列はどんどん増えていき、「アッハッハー どいてどいて」と言いながら、たくさんの人の笑い声と主に、ついには地球をぐるっと繋ぐマフラーになっていくという絵本でした。
すごく単純な内容なのに、なんだかすごいメーッセージのような気がするのは、私だけでしょうか?
子供達も、「アッハッハー どいてどいて」が、とても面白かったらしく、しばらく、何度も読まされました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆
  • しにがみさん
    しにがみさんの試し読みができます!
    しにがみさん
    作・絵:野村 たかあき 出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    大勢の方々からのリクエストにお応えして、待望の重版!!

大槻あかねさんのその他の作品

わゴム /  / 絵くんとことばくん



祝・40周年記念!長年愛される定番 くもん幼児ドリル 編集者インタビュー

けいとだま

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 2人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット