もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ひみつのおかしだ おとうとうさぎ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひみつのおかしだ おとうとうさぎ!

  • 絵本
作: ヨンナ・ビョルンシェーナ
訳: 枇谷 玲子
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年01月
ISBN: 9784861012013

29×22cm 28ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

スウェーデンの人気絵本「おとうとうさぎ」シリーズ第3巻!


おとぎの森に暮らす、おとうとうさぎ。
「おかしを毎日食べると、
恐ろしいトロルが来る」と
パパうさぎに言われていたのに。
その約束をやぶってしまい…。


ベストレビュー

トロルの中身

おとうとうさぎシリーズ、1冊読んでみたら面白かったので、他のお話も図書館で借りて読んでいます。
トロルの体がまさかお菓子でできていたとは驚きました。そして、子どもをさらってきてはお菓子工場で働かせていたおそろしいトロルの正体が分かった時にも、その意外な姿にえっ?とびっくりでした。
想像してなかった展開がいくつもあって読み応えがありました。
悪いやつだったトロルも、心を入れかえてみんな仲良くなれるラストもよかったです。

おとうとうさぎシリーズ、絵もかわいくて好きなんですが、いつもおとうとうさぎの周りにいる、ちっちゃい黒いやつ、何なのかな?この黒いやつの動きも見てて面白くて、絵もすみずみまでじっくり見てしまいます。
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヨンナ・ビョルンシェーナさんのその他の作品

おばけイカにきをつけろ おとうとうさぎ! / まじょにはクッキーおとうとうさぎ! / おばけのめをみて おとうとうさぎ!

枇谷 玲子さんのその他の作品

カンヴァスの向こう側 少女が見た素顔の画家たち / ママ! / 太陽のくに / くまのバルデマール / ラッセとマヤのたんていじむしょ 恐怖のミイラ / ラッセとマヤのたんていじむしょ なぞの映画館



『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

ひみつのおかしだ おとうとうさぎ!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット