話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
コレットちゃんは おかあさん

コレットちゃんは おかあさん

作・絵: フランソワーズ
訳: ないとうりえこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784198620394

3歳から

出版社からの紹介

小さなおうちに、一人で住んでいたコレットちゃん。ある日、「動物たちのおかあさんになる」と決めました。こねこ、こいぬ、うさぎの親子…と困っている動物を見つけるたびに連れて帰っていたら、小さなおうちはどんどんにぎやかになって…? 動物が大好きな子どもの優しい気持ちと、子どもならではの失敗を、温かな眼差しで見つめた著者初期の絵本(原書初版1940年)。

ベストレビュー

動物達の赤ちゃんを育ててる

フランス生まれの作者は、現在アメリカニューヨークで活躍中の有名な絵本作家だそうです。
ひとりぼっちで暮らしていた女の子コレットちゃんはやがて、一人だけで暮らしていくのが淋しくなり、いろいろな動物の赤ちゃんを拾ってきては、その動物のお母さんとして、一緒に暮らし、育ててあげる。というお話でした。
うちの子供達は動物が大好きなので、コレットちゃんみたいな生活は憧れたんじゃないかな?
ほのぼのとしていて、始終微笑んで読んでしまうような作品でした。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > コレットちゃんは おかあさん

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

コレットちゃんは おかあさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット