あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
だれかがきたよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれかがきたよ

文: 得田 之久
絵: 垂石 眞子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「だれかがきたよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月01日

2才〜4才向き
(こどものとも年少版 2013年2月号)

出版社からの紹介

夜、「ピンポーン」と玄関のチャイムが鳴りました。ドアを開けると、あひるさんが「一緒にお風呂に入ろう」と立っています。あひるさんとお風呂に入っていると、また「ピンポーン」。今度は、ぱんださんがパジャマを持って立っています。男の子の家にいろいろな動物たちが次から次へとやってきて、最後にやってきたのは……。

ベストレビュー

寝る前におすすめの一冊!

3歳の息子と読みました。

主人公の男の子が絵本を読んでいるときに
「ピンポーン」と、だれかが、やってきます。

ちょうど寝る前にこの絵本を読んでいたらまさしく
「ピンポーン」と来客があり、
ちょっと笑ってしまいました。

8歳の長男もちょっと離れたところで聞いていましたが、
「ピンポーン」のあとに、
「パンダじゃない?」
「ワニじゃない?」と、次々と言い当てるので、ビックリ!

なんで分かったんだろー!
と、ワイワイガヤガヤの私たち。
絵本の中でも来客が次から次に増えて、
にぎやかになっていきます。

最後はみんなで、おやすみなさい。
雑魚寝チックなのが、なんとも言えない楽しさをかもし出しています。

寝る前に楽しい気分になれて、
就寝前に是非オススメの一冊です!
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

得田 之久さんのその他の作品

だれといっしょにいこうかな? / ばななせんせいとおえかき / ばななせんせいとさがしっこ / くろねこさん しろねこさん / ばななせんせいとおさんぽ / お江戸むしものがたり オンブバッタのおつかい

垂石 眞子さんのその他の作品

ぞくぞく村のにじ色ドラゴン / ポプラ世界名作童話(1) 赤毛のアン / ぞくぞく村のランプの精ジンジン / 紙芝居 いちについてよーいどん / わたしのかさはそらのいろ / 那須正幹童話集1 ともだちみっけ



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

だれかがきたよ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット