大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語

  • 絵本
作・絵: うさ
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年03月11日
ISBN: 9784774322360

238×216mm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

東日本大震災では、多くの方のかけがえのない命と共に、多くの動物たちのかけがえのない命もまた、失われました。亡くなった動物たちの絵を描くことで、少しでも飼い主の心をなぐさめたいと考えた「震災で消えた小さな命展」代表の著者が、犬のチョビと飼い主のたえちゃんの絆を通して、命の大切さや平等さを伝える物語絵本です。

ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語

ベストレビュー

動物たちの犠牲

読み終えてしばらくは、他のことを考えられませんでした。
あの津波の犠牲になったチョビは、助かったたえちゃんに自分のこと、一緒に犠牲になったお母さんのことを伝えようと一生懸命です。
それにたえちゃんが気づかないことが哀れです。
亡くなった人間は引き揚げられて供養されるのに、ペットたちはそのままにされたことが哀れです。
お母さんの遺体だと証明できたきっかけが、シャツに残っていたチョビの毛だったということが哀れです。
何より事実を基に創作された話だということが哀れです。
この悲しみが繰り返されないことを祈るばかりです。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

うささんのその他の作品

赤い糸



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット